PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 頭脳は天才、体は強靭「シャーロック・ホームズ」 | main | 待ってました!ゴジラ ハリウッドで再リメイク 是非作り直してください! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
美 イタリアン「NINE」
NINE 評価 8
 女性の美、メロディーの美、ダンスの美、イタリア男の美、苦悩の美、古き映画業界の美、イタリアを舞台にとにかくあらゆる美を表した、無様で汚いものは排除したゴージャスでビューティフルなミュージカル映画「NINE」を観賞。

 ブロードウェイの大ヒットミュージカル「NINE」を「シカゴ」のロブ・マーシャルが豪華俳優陣を揃えて映画化。ダニエル・デイ・ルイス「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」、ニコール・キッドマン「めぐりあう時間たち」、ペネロペ・クルス「それでも恋するバルセロナ」、ジュディ・デンチ「恋におちたシェイクスピア」、マリオン・コティヤール「エディット・ピアフ」、ソフィア・ローレン「ふたりの女」、とオスカー俳優だけでも6人というボリューム。加えて映画版のオリジナルキャラを演じるケイト・ハドソンやブラック・アイド・ピーズのファーギーも参加する超強力キャスト。こんだけ大物女優が犇めいているのでなかなか一人当たりの出番は少ない。本来ペネロペもキッドマンも出演するような役どころではないのかも知れないけど、有名ミュージカルの映画化、加えてロブ・マーシャルのオファーということもあり実現したのでしょうか。でもその出番の少なさがまたイイかも知れませんね。

 イタリアの名監督である本作の主人公グイド。多くのファンを獲得するも近年は不発ばかり。待望の新作の記者発表を開くも実は映画の内容は白紙のまま。一体どんな映画を自分は作りたいのか苦悩する日々。しかしそんな監督をよそ目に制作の準備は着々と進行していく。そしてグイドは苦悩の中、母親、妻、浮気相手、仕事仲間、主演女優、子供のころに出会った売春婦、など人生で出会った女性たちを振り返り映画製作のヒントを得ていく。



 というようなお話。とてつもなくハーレム。豪華ハリウッド女優のハーレム。各キャラクター、各女優に持ち歌があって、それぞれが徐々に登場し、美しき歌とダンスを披露していくのですが、僕的にはオープニングのメイン女優が総出演して「ラララ〜、ラララ〜」って歌いながらスクリーンのいたるところに登場する最初の、あの10分でかなり満足の気持ちで満たされました。最初の10分はあと10回は観たいです。

 観賞したのが少し前のことになりますが、とにかく冒頭のシーンだけは印象に残ってますね。ロブ・マーシャル美しいシーンを撮るのが上手です。(上から目線ですいません)

 あと印象にあるのはペネロペ・クルスの妖艶もさることながら、個人的にはファーギーが演じたサラギーナという女のシーンBe Italianですね。ミュージカルシーンも美しかったし、主人公グイドが幼少期に出会った娼婦という背景も良しです。にほんブログ村 映画ブログへ

   
映画監督グイド・コンティーニ         グイドのママ
ダニエル・デイ・ルイス             ソフィア・ローレン

   
衣装係 リリィ                  グイドの妻 ルイーザ
ジュディ・デンチ                 マリオン・コティヤール

   
グイドの愛人 カルラ              女優 クラウディア
ペネロペ・クルス                 ニコール・キッドマン

   
ヴォーグの記者 ステファニー        娼婦サラギーナ
ケイト・ハドソン                                  ステイシー・アン・ファーガソン(ファーギー)


 Black Eyed Peasで活躍以降のファーギーの映画出演は「Be Cool」でちょびっとだけ、「ポセイドン」では沈む豪華客船のパーティのステージで歌うクラウディアという歌手、「プラネット・テラー」でゾンビに頭をかじられる憐れな女性、「マダガスカル2」ではカバの恋人という声の出演などがあります。ファーギー・ファンは要チェック。
 ちなみにBEPのリーダー、ウィル・アイ・アムも「ウルヴァリン」でウルヴァリンを助けるミュータントの役で出演してましたし、メンバーのタブーも「レジェンド・オブ・チュンリー」でバルログ役で出演しています。


「ポセイドン」                        「プラネット・テラー」

Amazon NINE
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1005
トラックバック
NINE
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらす
| ★★むらの映画鑑賞メモ★★ | 2010/08/07 3:24 AM |
ナイン
 これだけの美女がそろえば,それだけで一見の価値あり。  ミュージカル映画のの大
| EURISKO2005 | 2010/09/11 6:27 PM |