PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ガガ来日 LADY GAGA "THE MONSTER BALL TOUR"に行きました。 | main | 美 イタリアン「NINE」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
頭脳は天才、体は強靭「シャーロック・ホームズ」
SHERLOCK HOLMES 評価 9
 シャーロック・ホームズ役にロバート・ダウニー・Jr。ワトソン役にジュード・ロウを当てはめたガイ・リッチー監督の新作、コナン・ドイルの小説の登場人物シャーロック・ホームズの活躍を描いた、その名も「シャーロック・ホームズ」を観賞。そっか、これはガイ・リッチーの映画だったのか、と忘れてしまうほど楽しく見所盛りだくさんな映画でした。

 映画の前情報や紹介や予告編などでロバート・ダウニー演じるシャーロック・ホームズが肉体派、格闘派、という紹介がありますね。最初その演出って一体どうなんだろうって思ってたけど、これが以外と映画を映画らしく、現代版らしく、エンターテイメント性を出すのに丁度よく、とっても大成功だと思います。コナン・ドイルのそもそもの原作の物語も完成されていることだろうと思いますが、今回の映像化においてアクション要素がフンダンに加味されているので楽しいです。名探偵コナンに推理ありミステリーありそしてアクションがあるのと似ています。



 19世紀末のロンドン。若い女性が殺される悪魔的儀式を利用した謎の連続殺人事件が発生。ロンドン警視庁も捜査に煮詰まる中、被害者の家族から依頼を受けたホームズは事件解決のため調査を開始するのだが、あっさり投獄されてしまった事件の容疑者ブラックウッド卿は、処刑の直前、私は闇の力をもって蘇生すると宣言する。その言葉通りブラックウッド卿が復活したという噂を耳にするホームズ。そして再び謎の殺人事件が発生する。


 ワトソンの恋人を演じている女優さん(ケリー・ライリー)がキレイだった。

 という物語。原作の物語は沢山あることだし、ロバート・ダウニーJrという味のある主演に相棒にもジュード・ロウと実に固いキャスティングな二人。ヒロインは今回はレイチェル・マクアダムスでしたが、ヒロインを変え、悪役を変え、という感じでシリーズ化しそうな、いや鼻からシリーズ化を構想しているんじゃないかなーと思える、なかなか渾身の一作目っていう感じですね。個人的には。
 
 美人は三日で飽きるとは良く言いまして、美男も結構飽きるのは早くて、そこでもしシリーズ化を考えているならやっぱりホームズ役は味のあるロバート・ダウニーJrはバッチリですね。頭脳明晰な英国紳士シャーロック・ホームズのイメージからするとジュード・ロウのような俳優を想像するけど、この映画はそうじゃない。

 それにしても過去に麻薬依存で役者復帰も危ぶまれたダウニーJrさんですが、「アイアンマン」など主演作も最近ではいっぱいで、すごい人気回復のほどです。にほんブログ村 映画ブログへ

   
ロバート・ダウニーJr as           ジュード・ロウ as
シャーロック・ホームズ            ジョン・ワトソン


   
レイチェル・マクアダムス as        マーク・ストロング as
アイリーン・アドラー              ブラックウッド卿

Amazon シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:19 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1006
トラックバック