PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ライカンの誕生「アンダーワールド ビギンズ」 | main | ブリタニー・マーフィにご冥福を「シャッター リフレクション」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ゴミのままか、命を賭けるか「カイジ 人生逆転ゲーム」
カイジ 人生逆転ゲーム 評価 8
 2011年続編の制作も発表されたという本作。僕は続編制作の情報は映画を観たあとに知りましたが、これは良作、いや快作。とても面白い日本映画です。マンガ「賭博黙示録カイジ」を映画化したもので、特徴あるキャラクター造形、独特で強烈なセリフ回し、読む者の思考を沸騰させるゲーム展開、負け犬だが人間らしい魅力ある主人公など魅力的な作品展開でシリーズ累計1,500万部以上の出荷を誇る人気漫画の映画化だけあり、劇場公開当初も原作ファンや藤原竜也ファンなどがこぞって来場し、詳しくは知りませんが、なかなかの興業成績だったのではないでしょうか?我が映画館でのグッズの売り上げもすこぶる好調でした、とくに“Eカード”。

 定職に就かずコンビニ店員として働く26歳の青年カイジ。数百万の借金を抱え世間にあたり自堕落な日々を送っていた。そんな彼の前に現れた金融業の女社長の口車に乗り、たった一夜で多額の借金が帳消しになる、というにわかに信じられないギャンブルクルーズの船に乗船することに。会場には自分の同じように借金で苦しむたくさんの男たちがいた。主催者のルールにのっとりゲームに勝つことができれば借金が帳消しに、ただし負ければ取り返しのつかない地獄へ落ちる。そしてカイジの人生を掛けた勝負が始まる。



 という始まり。映画公開時には多少気になっていた程度で、洋画専門の筆者にとっては無論後回し対象作品であったこの映画、今回何気なくレンタル版を観始めたところ、あまりの面白さに感動。こんなに面白い日本映画があるならもっと早く知っとけば、そんな気持ちがよぎりました。しかし一生観ないかも知れなかった映画なので今回観れたのは幸い。

 主演は「デス・ノート」、「バトルロワイアル」の藤原竜也。彼は本当に良いですね。観ための派手さだけじゃなく演技も魅せてくれる数少ない日本の若手映画俳優。脇を固める香川照之、天海祐希の存在も映画の質を上げてくれます。また「バトルロワイアル」で藤原竜也と共演した山本太郎、「デス・ノート」で藤原竜也と共演した松山ケンイチが小さい役で登場するのも憎い演出。松尾スズキさん演じる班長も良かったな〜。



 この映画オープニングから感動しました。CGを使ったタイトル登場シーンに加え、テーマ曲がカッコ良い。音楽とても良かったですね〜。マンガで登場人物が緊張と違和感を感じたときに人物の背景に書き添えられる“ざわ ざわ ざわ”という表現も上手い具合に効果音で表現してて感心しました。
 また“Eカード”、“限定ジャンケン”、“ペリカ”、“帝愛グループ”など作品ならではのキーワードも魅力的。

 ギャンブルと聞くとちょっと取っつき辛い人もいるかも知れませんが、一応お金を掛けた賭博には変わりないけど、そういう金融臭い感じではなくて、生死を掛けたエンターテイメントでなかなkスケールがデカい。窮地に陥った人間の本音が見え隠れし、役者の演技も迫真。大袈裟に言いますがこれはハリウッド映画に匹敵する作品であると個人的にはそう思います。YUIのエンディングテーマも良いね。にほんブログ村 映画ブログへ


| 鑑賞:日本映画 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1029
トラックバック