PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< あの洋ゲーが実写映画化!? インファマス~悪名高き男~ほか | main | Beatiful,Heartful,Foodful「ジュリー&ジュリア」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
嘘八百、破壊千二百「かいじゅうたちのいるところ」
WHERE THE WILD THINGS ARE 評価 7
 いよいよ、レンタルされました。「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズの最新作、モーリス・センダック原作の児童書の実写映画「かいじゅうたちのいるところ」を観賞。

 8才のの少年マックスはシングルマザーの母と少し上の姉との3人暮らし。姉はマックスの面倒は見ず、母も仕事が忙しいため充分にマックスを看てやれず、しかも恋人を家に連れ込みいちゃいちゃしているところをマックスは目撃してしまい、寂しさが爆発して、家族に暴言を吐いて家出をする。船を漕ぎだし荒波を越え、行き着いた先は不思議なモンスターたちが暮らす島。出会ってすぐに食べられそうになるマックス。しかし僕は他の島の王様だ、と機転で嘘をつくとモンスターたちは納得しマックスのことを王様だ、と迎える。



 という始まり。この映画で主人公の少年マックスを演じている、今作映画デヴューのマックス・レコーズ。彼の演技が相当上手い。そして映画の序盤の雰囲気は素晴らしい。血のつながった弟のことが勿論好きなんだけど、年柄ストレートにそれを表現できない姉(一瞬しか登場しないけど)。本当は弟が一番大事なはずなんだけど、そのことに全く気付けず、友達との時間を優先してしまう長子。コレすごい良く分かるし、映画での表現も上手。また母、勿論子供を愛している。でも子を育てるには必死に働かないと。それに自分だって何の楽しみもなければ、疲れてしまう。そこで家に恋人を呼んで、いちゃいちゃ。コレもリアルですよね。そしてそれらの行為に対してストレートに寂しさを感じてしまう8才の子供。このマックスが海へ出る一連の流れが好きです。

  
マックス                   キャロル
マックス・レコーズ             ジェームズ・ガンドルフィーニ

 それが“かいじゅうたち”が住む島へ場面が映ると、それが映画のメインですが、コレが非常に詰らない。あくまで個人的な感想だけど、コレは忠実な原作の映画化なのだろうか?どうも子供たちに相応し映画だとは思えない。まずマックスはかいじゅうの島へやってきて自分が食べられそうになったとき嘘をつく。これは不可抗力、自己防衛のための嘘だけど、この嘘がなかなか濃い。そして映画全編に観られる、不愉快で不必要な破壊描写。かいじゅうたちがすることなので意味不明な行動があっても良いのかも知れないけど、映画全編に木を切り倒したり、石を仲間に投げたり、仲間にタックルしたり、本当にこの表現が映画の中に必要なのか、疑問に思えるシーンは少なくない。

  
KW                      ダグラス
ローレン・アンブローズ          クリス・クーパー

  
ジュディス                  アイラ
キャサリン・オハラ             フォレスト・ウィッテカー

  
アレクサンダー               ザ・ブル
ポール・ダノ                 マイケル・ベリーJr.

 レンタル版にも特典映像で同じくモーリス・センダック原作絵本の映像化作品「へへへん ふふふん ぽん! -もっと いいこと きっと ある-」(Higglety Pigglety Pop!)の短編映画も収録されているんですが、主人公の女優を目指す犬の声をメリル・ストリープがあてています。人形を使ったストップモーション風なアニメーションで不思議な映像。とても面白く個人的には“かいじゅうたち”の倍は楽しめました。



「ふふふん へへへん ぽん!」紹介映像

にほんブログ村 映画ブログへ

| 鑑賞:エンタメ系 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1067
トラックバック
Blu-Ray:かいじゅうたちのいるところ 実は、自分の感性を確認する分水嶺? リトマス試験紙?!
公開時、かなりの賛否両論を生んだ本作。 そんな状況で、悩みつつも、公開時にスルーしてしまった。 世界中で約2000万部売れている有名な絵本だが、自分としては既に記憶にないこともそれをプッシュした。 だが、映画を観ていて、徐々に蘇ってくる過去の感覚があった。
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2010/05/30 8:03 PM |