PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< サンドラ・ブロック ラジー賞受賞「ウルトラ I LOVE YOU!」 | main | ときにはHappy ときにはBlue「借りぐらしのアリエッティ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ルールをもっと明確に「インセプション」
INCEPTION 評価 7
 本公開は来週23日金曜のようですが、今週末に先行上映ということで早めに「インセプション」を観賞致しました。

 監督はクリストファー・ノーラン、主演レオナルド・ディカプリオ、共演に「ハード・キャンディ」で一躍名が知れ「JUNO/ジュノ」でも大絶賛を受けたエレン・ペイジ。もともとフランスでは有名女優だったけど「エディット・ピアフ ~愛の賛歌~」以来ハリウッド映画にもひっぱりダコのマリオン・コティヤール。イギリスホラー「28日後...」の主演や女装に挑戦した「プルートで朝食を」、「麦の穂をゆらす風」など話題を欠かさない若手俳優キリアン・マーフィ。「ルックアウト 見張り」「キルショット」「ストップ・ロス 戦火の逃亡者」など日本では劇場公開のない話題映画に多く出ている若手実力俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィット、最近は「G.I.ジョー」、「(500)日のサマー」にも出演。など割と新進、だけど実力、話題、人気充分なキャスト総出演のちょっとずるい映画「インセプション」。
 そこへ我らがワタナベケンさんも全編に渡り出演なので新進、人気、話題性は更に増します。



 「ダークナイト」「プレステージ」、「メメント」、「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監督。気付けばノーラン監督の映画は抜かりなく観ている筆者。どの作品も好きだけど、トレーラーを観て期待し過ぎたか上記の作品よりは個人的には満足度は少し「インセプション」は劣ります。
 独創的な映像、物語の発想、アイデアなどはイカしてる、と思う部分もあるけれど、良く良く思えば、さほど独創的でもなく、特に真新しいタイプの映画でもない気がする。冒頭が日本ではじまり、最初のセリフが日本語で、日本の汚い街が映るので、少し面喰い、あれ良く観るハリウッド映画とはちょっと違うな、とは思うけど、それに若干掟破り的な憎いキャスティングも素晴らしいけど、ちょっとこういった敢えて難しく観せようとする映画だと少し矛盾を感じたりすると少しづつ不満が溜まってっちゃいますなぁ。

   
                           “抜粋者”
                            レオナルド・ディカプリオ

   
“窓口役”                     “旅行者”
ジェセフ・ゴードン=レヴィット         ケン・ワタナベ

   
“設計者”                     “偽造者”
エレン・ペイジ                   トム・ハーディ

   
“影”                        “標的”
マリオン・コティヤール             キリアン・マーフィー

 他人の夢の中に潜入して無断にアイデアを盗む産業スパイが現れた時代(ここがポイント、とにかくそういう時代なのです映画の中では説明がないけど)。そんな犯罪者の中でも凄腕のスパイ、コブ。彼はまた新しい依頼を受ける、東洋人のサイトーという男に。しかし今回の仕事は今までの仕事より格段に難しい、アイデアを盗むものではなく、逆にターゲットの心にある感情を植え付ける(インセプション)ものだった。成功すれば今までの犯罪歴を帳消しにされ愛する者のもとへ帰れるコブは依頼を確実に成功されるべく指折りのメンバーを集めにかかる。

 というあらすじ。夢の中に潜入、夢の空間を他人と共有、夢の世界を自由自在に建設する、というワードがキーになる物語。はっきり申し上げるとあまりに荒唐無稽な技なのですが、それがノーラン監督の手にかかり上手いことクールな映像になっているので、なぜかだまされてしまう。
 そしてアイデアを盗むという行為はさて置き、映画は主に感情、概念の植え込み(インセプション)についてひたすら解き明かす映画になっています。他人と夢を共有したり夢の世界を自由自在に設計したりなんて無理無理なんて思ってしまうけど、そこが映画の良いところ、それを否定したら、映画に何も残らないので、そこはまあ良いとして、そしてフレッシュなキャスティングとワタナベケンさんの活躍や、夢の中で夢に入るというなかなか面白い演出など、見所も沢山あるので、まあ個人的には観て損は無い作品かな、というそんな感じです。

 でも夢の世界のルールはハッキリして欲しいな。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon インセプション サウンドトラック
Amazon 渡辺謙 著書 誰?-WHO AM I?
Amazon ダークナイト [Blu-ray] お買い得!
| 鑑賞:エンタメ系 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1109
トラックバック
インセプション
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろした オリジナル脚本を、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化したSF サスペンスアクション映画。 相手の夢の中に入り込み、頭の中にあるアイデアを盗み出す産業スパイの 男が、家族と一緒に暮らすた
| だらだら無気力ブログ | 2010/07/19 1:20 AM |
『インセプション』 金を賢く使う方法
 夢枕獏著「サイコダイバー・シリーズ」が、遂に実写映画化!  ウィキペディアにサイコダイブの説明がある。  それは、人の精神に潜り...
| 映画のブログ | 2010/07/24 10:10 PM |
映画を観るなら インセプション
突拍子も無い理論をネタにして無理矢理映像化してみたような内容だった。何度も何度も「ありえねー」と思ってしょうがなかったけれど発想がユニークで引き込まれてしまう不思議な映画でした。もっとアクション性の強い映画かと思ってたけど結構地味でした。一回観ただけ
| 映画を観るなら | 2010/12/29 11:56 PM |