PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< みんなで中国旅行?「PUSH 光と闇の能力者」 | main | 非条理な運命 家族の再生「ラブリー・ボーン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
続編不希望「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF 評価 6
 全米ベストセラーの若年向け人気小説シリーズの映画化「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を観賞。全米では初登場2位のヒット。これって面白いですか?

 正直どんな映画でも“楽しめる”筆者なのである意味では楽しめたと言えば楽しめましたが、小説はまったく読んだことはありませんが、この映画…これって面白いですか?
 何度もすいません、小説ファンの方が万一この文章を読んでいたら大変申し訳ありませんが、筆者は小説は読んでいないのであくまで映画版について言及させていただきます。

 父親を知らず母親サリーとともに暮らす17歳の少年パーシー。なんの取り柄のない彼だが水の中にいるときは心が落ち着いた。ある日、お前はゼウスの稲妻を盗んだ犯人だ、と叫ぶ化け物に襲われる。このことを機に友人のグローバーや学校の先生ブルナーなどがギリシャ神話の神々に使えるヒトではない者だということを知り、更には自らも海の神ポセイドンの息子だと知る。突然未知の世界を知ったパーシーだったが母親が何者かにさらわれたことで自分の力を信じ、神の子としての自覚を持ち悪に挑んでいく…。



 という物語。アメリカの人気小説ですから、ギリシャ神話の神々がアメリカに大集結し、ときにはヒトの姿をして人間界に現れるのは、とくに気になりません。あれ?でもなんで神のヒトのハーフであり神の子供たち(主人公を含む)はなぜ皆、都合良くティーンネイジャーなんだ!?。人間には想像出来ぬくらい生きながらえている神、その子共たちがなぜティーンネイジャーなんだ!? シンプル化し過ぎでしょ、もっと無理ない設定とか、…は難しいか、神を出してしまった時点で。

   
パーシー・ジャクソン              グローバー
ローガン・ラーマン               ブランドン・T・ジャクソン

   
アナベス・チェイス               ケイロン
アレクサンドラ・ダダリオ             ピアース・ブロスナン

   
メドゥーサ                    ハデス
ユマ・サーマン                 スティーブ・クーガン

 しかし筆者はギリシャ神話は好きなのです。この映画で登場する神々はなかなかビッグなネームが揃ってますね。最高神ゼウスはショーン・ビーン、冥界の神ハデスはスティーブ・クーガン、その妻ペルセポネはロザリオ・ドーソン、神ではないけどメドゥーサ、ユマ・サーマン、ケンタウルス的なピアース・ブロスナン。この名だたるキャストたちの扱いが酷い。若年に人気の小説で若年向け映画、その主人公たちを演じるのも若年俳優、メインはこの若年俳優たち、なのでベテランの扱いが酷い。ショーン・ビーンの中途半端な神ぐあいも酷いし、ユマ・サーマンのメドゥーサは悲壮感すら漂っている。むごい。そんなデンジャラスなことをしてるのも関らずストーリーが安い。これをどう楽しめば…。

「RENT」、「ホーム・アローン」、「アンドリューNDR114」とかクリス・コロンバスの映画割と好きなんだけどなー。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1113
トラックバック