PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 誇りと埃にまみれた時代「アパルーサの決闘」 | main | 続編不希望「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
みんなで中国旅行?「PUSH 光と闇の能力者」
PUSH 評価 7
 主演ダコタ・ファニング、クリス・エヴァンスのオール中国ロケの超能力アクション「PUSH 光と闇の能力者」を観賞。今度待望のマーベル・ムービー「キャプテン・アメリカ」の主演を張るクリス・エヴァンスの出演映画ですね。筆者の務める映画館では公開しませんでしたが、一部の劇場で日本でも劇場公開された映画ですね。ダコタ・ファニングももうお姉さんだなーとこの映画を観る前はなんの確証もなく、漠然と想像していたけど、この映画を観る限りまだまだ少女ですね。

 世界大戦下から国家に秘密裏に育成されてきた特殊能力者たち。一部の能力者たちは国家の手から逃れ身を隠し方々でひっそりと暮らしている。そんなとき能力者たちを監視する秘密機関“ディヴィジョン”からキラという少女が逃げ出す。父の死後中国で隠れて暮らす“ムーバー”(念動力)のニックは“ウォッチャー”(未来予知力)のキャシーと出会う。キラを一緒に探して欲しいと頼むキャシーを拒むニックだったが、ディヴィジョンに居所がばれキャシーとともに逃走、協力をする。



 オール中国ロケなのがこの手のハリウッド映画には珍しいのでちょっと違和感ですね、アジア系キャストも多数登場。ドラマ「ER」の出演や「ムーラン」、「ファイナルファンタジー」の声優でも知られるミン・ナも出演。
 そしてメインの超能力者たちを演じるのは若さと実力あるフレッシュ俳優たち、先に言った「キャプテン・アメリカ」「ファンタスティック・フォー」のクリス・エヴァンスに有名女優ダコタ・ファニング、そしてもう一人のヒロインとも言うべき「ストレンジャー・コール」「紀元前1万年」のカミーラ・ベル。敵役ディヴィジョン所属の能力者でありボスは「ブラッド・ダイアモンド」「アミスタッド」のジャイモン・フンスー。などキャストは良い感じ。

 タイトルにもなっている“プッシュ”という能力はカミーラ・ベルの持ち技、ポスターを観るとクリス・エヴァンスの技のようにも見えるけど彼の技は物を動かす念動力(ムーバー)。プッシュは他人の頭に自在に意志を植え付け他人を自由に操る力、なんか「インセプション」とも似てます。その他ミン・ナが使う他人の私物の匂いを嗅いでターゲットの居所を掴む能力なんじゃーその能力はー!チャイニーズの能力者が使う大声で怒鳴り超音波を発生させる能力なんじゃーその能力はー!などこの能力って、あんまりカッコ良くない、な能力も出てきます。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon PUSH 光と闇の能力者 [DVD]

Amazon PUSH 光と闇の能力者 [Blu-ray]
| 鑑賞:エンタメ系 | 16:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:43 | - | - | pookmark |
コメント
『ゴスロリ処刑人』舞台挨拶付きイベント試写会にご招待!

オシリーナこと、秋山莉奈2年ぶりの主演映画『ゴスロリ処刑人』が9月4日(土)シアターN渋谷にて公開されます。今回、一足早く『ゴスロリ処刑人』を観ることが出来る「ブロガー試写会」を開催することが決定しました!!なんと、試写会当日は、出演者や監督の舞台挨拶付き。しかも出演者のみなさんは、劇中の衣装で登壇です!

『ゴスロリ処刑人』を一足早く観て、あなたのブログで紹介してください!

《試写会の概要》
◆日程:8月24日(火)
◆時間:入場抽選開始  12:00
    入場開始    13:30
    挨拶開始    14:00
    上映開始    14:20(上映時間88分)
◆場所:ポニーキャニオン1階 イベントスペース 港区虎ノ門2丁目5番10号
◆登壇予定者:秋山莉奈 青柳塁斗 佃井皆美 小原剛監督 
◆参加資格:個人でブログサイトを運営されている方(mixiやツイッターなども可)。作品鑑賞後、映画の公開日(9月4日)までにブログでレビューを書いていただける方。レビュー内容は問いません。
※ポニーキャニオン入り口前にて12時より入場順を決める抽選会を行います。
※ご入場は入場番号順になります。
※過激な描写表現がございます。15歳未満の方、体調の悪い方などにはお勧めできません。
どうか御了承願います。

《応募方法》
必要事項をご記入の上、下記メールアドレスまでご応募ください。
【応募先メールアドレス】
higuchi@united-ent.com
【必要事項】
タイトル:ゴスロリ処刑人レポーター
氏名/年齢/性別/メールアドレス/ブログ名/ブログURL

8/19 募集締め切り
※23:59までに応募された方が、抽選対象となります。余裕をもった応募をお願いします。
8/20 当選者の方には応募時に入力いただいたメールアドレス宛に招待状をお送りいたします。
8/24 送られたメール試写状をお持ちになって会場へお越し下さい。

【Story】
 20XX年、東京。優しい父(柳 憂怜)と母・(中島史恵)の愛に包まれて平和に暮らしていたユキ(秋山莉奈)。だがそんな一家の幸せは、ある日とつぜん現れた黒マントの5人組によって奪われ、母は無残にも惨殺された。いつしか悲しみは怒りに変わり、謎を解き明かすため、母の仇を討つため、漆黒のゴスロリドレスに身を包んだユキは美しき復讐の鬼と化す…!

キャスト:秋山莉奈 桃瀬美咲 佃井皆美 青柳塁斗 柳憂怜ほか
監督:小原剛
(c)2010「ゴスロリ処刑人」製作委員会
| ゴスロリ処刑人宣伝マン | 2010/08/11 9:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1114
トラックバック