PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< クラシックをクラッシュ「タイタンの戦い」 | main | ちょっと良い話「ハート・ブロッカー」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ぬるま湯から出なくては「ハート・ロッカー」
THE HURT LOCKER 評価 8
 ぬるま湯に浸かりきっている自分の生活を見なおさなきゃと思える、前年度アカデミー賞作品賞受賞の「ハート・ロッカー」を観賞。こちらも映画館で見逃してしまったのでレンタルで観賞です。9部門ノミネートで監督賞(キャスリン・ビグロー)、脚本賞など6部門受賞の好成績。ノミネートでは主演の爆発物処理班のエースを演じたジェレミー・レナーの主演男優賞候補も。

 そんなに今まで目立っていた感じのない俳優ジェレミー・レナー。この映画を見るとジェレミー・レナーなかなか良い俳優だなー、カッコいいなー、と思ってしまう作品。異国で周囲は不審者だらけのところで死と隣り合わせの爆弾処理を強い意志と知識と判断でそつなくこなす彼のキャラクターも合わせて良い感じなのですが。この影響かジェレミー・レナーはただ今全米で1位のベン・アフレックが監督した「THE TOWN」という映画や待望の映画「アベンジャーズ」でホークアイという役の出演がこれからありますね。
 役者で売っている映画ではないけど、そこが逆に役者の魅力を引き立てている感もありますね、脇役にはガイ・ピアーズ、デヴィッド・モースなども実は出演していますが、中盤ゲスト的に少しだけ出演しているレイフ・ファインズはほんとに脇役でびっくり。

 2004年、イラクバクダッド郊外、アメリカ陸軍ブラボー中隊・爆発物処理班。任務中に殉職者がでたため代わりにジェームズ二等軍曹が新リーダーとしてやってくる。ほんの少しのミスやテロリストの罠でいつ不発弾が爆発するか分からない状況の中、爆発物処理を行っている隊にやってきたジェームズは隊が今まで行ってきた遠隔ロボットを使用しての慎重なやり方を無視し知識と経験と度胸で一人先陣を切りリーダーとしてそつなく爆弾処理を進めていくのだが…。



 というはじまり。冒頭から爆発物処理のシーンは尋常ならぬ緊迫感があります。それが映画の中では何度も登場。フィクションを自宅で観てこれだけの緊迫感を感じるのなら、実際実物の不発弾の直前で爆発物処理を行う行為はどんな心境なのか。

 映画の展開は爆発物を一つ処理して次、レベル2、レベル3、レベル4、といろいろな爆発物の処理状況を次々と登場させる感じ、それに隊員の心境や会話を挟み、ストーリーらしきものを上乗せした映画。ストーリーはあってないような感じ、どちらかというとドキュメント風フィクション。

 そしてアメリカの砂漠にセットを作って中東系のエキストラ使って、みたいな胡散臭さがこの映画にはないですね、いかにもイラクで撮ってます、みたいなリアリティ。でも当然イラクでの撮影は無理なので、調べてみたら「ハート・ロッカー」の撮影はクェート、ヨルダンだそうです。

 まさにアメリカ映画ですね。爆発物処理班に注目し、その存在や活躍を知らせることになります。誰でも真似できるようなことでは決してないし、彼らの仕事や心境の描き方は敢えて淡泊にリアルに描かれてて素晴らしい。ですがイラク戦争のアメリカ軍にまつわる映画はトルコ映画の「イラク -狼の谷-」なども、どちらも観てこそです。

 そろそろ前年度第82回アカデミー賞の作品賞10作品、あらかた観賞です。

 ・ハート・ロッカー
 ・アバター
 ・しあわせの隠れ場所
 ・第9地区
 ・17歳の肖像
 ・イングロリアス・バスターズ
 ・プレシャス
 ・マイレージ、マイライフ
 ・カールじいさんの空飛ぶ家
 ・ア・シリアスマン(原題)

 観賞した映画は筆者的には評価8点以上。どれも良い映画。アカデミー賞だからって良い点付けてるだけでしょ、なんて思われてしまいますが、いやいややっぱり米国アカデミー賞の作品賞にノミネートされる映画は基本的に良い映画なんですよ、当たり前ですが。ほんとに映画をたくさん観て、昔からの名作を良くしっている人たちが厳選しているものですからね、はずれはありません。確かにこうして観ると「第9地区」はかなり異例で異色ですが。

 「アバター」は映画史上歴代1位の興業成績を収め作品賞受賞もいけるんじゃないか、と思われてただけあり少々残念でした。続編は作らないほうが良いと思います。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon ハート・ロッカー [DVD]

Amazon ハート・ロッカー [Blu-ray]
Amazon ハート・ロッカー (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)
Amazon 輸入版サントラ Hurt Locker
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1170
トラックバック