PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< リメイク決定「ラスト3デイズ ~すべて彼女ために~」 | main | 負け犬の咆哮「ルーザーズ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
すべて彼女のために「メリーに首ったけ」
THERE'S SOMETHING ABOUT MARY 評価 7
 「メリーに首ったけ」を観ました。初めての観賞です。以前にも何度か観ようと思った映画ですが、最近少し80年90年頃の話題映画や良い映画とされる映画を見逃しているものが多いので少しづつ観てみたいな、と思ったときに、無性に観たくなったのがこの監督ファレリー兄弟の出世作であり、キャメロン・ディアス主演の「メリーに首ったけ」です。まず邦題「メリーに首ったけ」、このネーミングセンス最高ですね。そしてキャメロン・ディアスが今に比べるとやっぱりピチピチ、とってもキューティー。最近の出演作では「ベガスの恋に勝つルール」「ホリデイ」などはバッチリメイクだったせいか、やっぱり綺麗だなという印象だったけど、割と「ナイト&デイ」「運命のボタン」「私の中のあなた」など作風もシリアスだったり、メイクもそこまで濃くはないので、とっても健康的な肌の人だけど、少し年齢も感じますよね。「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「バニラ・スカイ」、「姉のいた夏、いない夏」などシリアスな映画も意外と出演していますね。ユアン・マクレガーと共演した1997年の映画「普通じゃない」も個人的には印象深いです。ディカプリオと共演の「ギャング・オブ・ニューヨーク」の役柄も良かったですけどねー。

 映画の冒頭ではちょっと冗談も含んでますが、キャメロンとベン・スティラーの高校生ライフから始まります。1998年の映画。ピッチピチでビューティーなキャメロンと言えば「マスク」ですが「マスク」は1994年の映画。あの「マスク」こそがキャメロンがスターになるきっかけでしょうか。そして「メリーに首ったけ」はキャメロン=コメディエンヌを決定的にした映画なのかな?。その後も「チャーリーズ・エンジェル」、「クリスティーナの好きなコト」、「シュレック」などコメディ色強い作品に沢山出演していますね。日本でも近々公開予定の新作映画「グリーン・ホーネット」にもキャメロン・ディアス出演しているそうです。



 高校時代、美人で学園一の人気者メリーと一緒にプロムパーティーに行く約束を叶えた青年テッドはパーティー当日ズボンのファスナーで男性の大切な部分を挟んでしまい救急車に運ばれる。それ以来メリーとは会うことは無く13年の月日が経った。高校時代に出会ったメリーを忘れることができないテッドは今まで結婚どころか他の女性と付き合うこともなかった。そして探偵に現在のメリーの住所を調べさせるのだったが…。

 という始まり。メリーに高校時代から思いをよせるピュアな男をこちらもコメディ俳優の代名詞であるベン・スティラーが、そして彼が演じるテッドにメリー探しを依頼されるが、逆に見つけたメリーに恋してしまいテッドの恋敵になる探偵をマッド・ディロンが演じています。この二人もシワ一つなく若々しいです。

 筆者はファレリー兄弟の映画はジム・キャリー、レニー・ゼルウィガー主演の「ふたりの男とひとりの女」を観ました。この映画では二重人格症の主人公に、小人症、色素欠乏症という症状を持った役柄の登場人物が登場します。そしてグウィネス・パルトロー、ジャック・ブラック主演「愛しのローズマリー」も観ました。この映画では肥満症のヒロインや大病を患った子供たちなどが登場します。マット・デイモン主演の「ふたりにクギづけ」では結合双生児が主人公。この「メリーに首ったけ」ではメリーの弟ウォーレンが知的障害を持っています。他のクリエーターと比べ、障害を持った人を登場させることが多いファレリー作品。ファレリー兄弟たちが今まで障害者という者にどういった接点を持っているかは分かりませんが、各作品で登場する障害を持ったキャラクターは善人であったり、悪人であったり、障害者だからと、ほかの登場人物と区別はせず、普通に描かれています。また演出の仕方なども少し行きすぎな部分もなくはありませんが、各作品で描かれるキャラクターは皆活き活きとしています。そして結果的にハリウッドの知名度ある映画でそういった障害を持ったキャラクターを登場させることで今までそういった病気は障害を持った人の存在を全く知らなかった人にもその事実を伝えることにもなっています。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon メリーに首ったけ (完全版) [Blu-ray]
Amazon メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション) [DVD]
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1210
トラックバック