PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 第四弾 パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉 ファースト・トレーラー解禁! | main | 都・市・伝・説「踏み切り」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
駄作? パペット・バトラー「GAMER」
GAMER 評価 5
 これは駄作ではないでしょうか。ジェラルド・バトラー主演の近未来バトル・サスペンス「GAMER」を観賞。ゲイマー、邦題も原題そのままの英語表記の珍しいタイプです。このポスター前々からカッコイイなと思っていたんですけど、日本の宣伝媒体のイメージはバトラーが銃を構えたあたかも戦争映画のようなデザインを採用していますね。オリジナルのメインポスターはかなり凝っていて、GAMEのキャラクターとして操られるバトラーが表に、そして彼を単なるGAMEキャラとして操るカリスマGAMERを演じている「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」で主演を務めたローガン・ラーマンの顔が裏に隠されたデザインになっています。とてもシリアスな雰囲気を醸してこれを見る限り上等な近未来サスペンスを連想してしまいがちですが、そうじゃなかった。
 監督は「アドレナリン」シリーズのネヴェルダイン&テイラーというコンビのようですが、あれはあれで滅茶苦茶な感じが楽しいのですが、これはちょっと個人的にいただけない、駄作の匂いがします。

 2030年代。ある企業が開発したハイテク商品。生身の人間の脳を操り利用者がそのまったくの他人を遠隔操作で自由自在に操りコミュニケーションをとり、または欲望を叶えるという画期的だが、少し倫理に反するシステムに世界の人々は盛り上がっていた。そしてそのシステムの別ヴァージョン。囚人を遠隔操作で操り殺し合いをさせるという“スレイヤーズ”というゲームが更に人々を熱狂の渦へ巻き込んでいた。無実の罪で捕まったある男はケーブルと名付けられカリスマゲーマーが操り連勝をおさめていた。30勝で釈放の地獄のゲーム、男は逃げ切ることができるのか…。



 という物語。R-15+指定の映画で、戦闘シーンはとっても激しい。ヌードな場面もあり。アメリカで多い一人称視点の戦争もののゲームFPS(First Person Shooter)を生身の人間を使ってゲームにしてしまおうと考えた企業の罠に嵌められた男の物語で、その点でも青少年向きではないのだが、大人が観るような映画でもない気がする。ゲームの中ではかんたんに殺人行為を行っているけど、これが実写化すればこんなに恐いことなんだよ、というメッセージと捉えれば少しは理解出来る気もするけど、…ストーリーも魅力的とはいかないけど、滅茶苦茶な感じではない。

 しかし全体的に観ると駄作感が拭いきれない。映画に登場する“スレイヤーズ”とは別のシステム“ソサエティ”という空間で派手な衣装を身につけ他人に操作されている人々。これは笑えないですね。他人を操るという未来の技術が上手に描かれていないように思えます。今までプレイヤーに操られてきた主人公が他人の操作行為から脱するすべも大雑把です。脇にはアーティストのリュダクリス、「スペル」で良い感じだったアリソン・ローマン、「13日の金曜日」などのアーロン・ヨーなど憎いキャスティングだったりするんですけど、彼らの役柄がとても残念なのもネックです。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon 輸入版サントラGamer (Score)
| 鑑賞:エンタメ系 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1222
トラックバック