PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ウォン・バク2 トニー・ジャー再び「マッハ!弐」 | main | あなたを人質にしたけど、あなたが好きです「ザ・タウン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
パーソナルな恐怖「クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]」
DREAD 評価 6
 ホラー作家、クライヴ・バーカー原作の2009年の映画化作品「クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]」をレンタル、観賞。DREADとは、〜を非常に恐れる、いやがる、という意味の動詞のようですが、人それぞれ、持つ、トラウマのような、とってもパーソナルな恐怖のようなものを描いたホラー映画でした。

 あまり感情を表に出さない、人と付き合わない大学生スティーブンはクウェイドという自分にはない魅力を持つ学生と知り合う、それをキッカケにシェリルという学生とも仲良くなり付き合うようになる…。3人は学校へ提出する研究として、人間の恐怖を調査し始める。協力者にはカメラの前で自分の恐れているもの、恐怖体験を打ち明けてもらうのだが、なかなか良い題材に巡り合わず。しかし彼ら3人にも小さい頃から、恐れているもの、トラウマ、思い出したくない過去、があることに、各々が気付いていくのだが…。



 という始まり。一般的な恐怖、というよりも、人物それぞれがパーソナルに、生い立ち、過去、経験、性質、から、日々、恐怖や嫌悪を抱いているものに対し、追い打ちをかける、というような、ちょっと特殊なホラー。映像は誇張の効いたダークでクールな色使い、物語はちょっと先が読めない不思議系。とりあえず観終わってスカッとするタイプのホラー映画ではありません。観終わってスカッとするホラーもなかなかあるもんじゃないですが。

 日本では劇場未公開、レンタルのみ。最近では「クライヴ・バーカー 血の本」も映画化され、日本でもレンタル版で観れますが、2008年のクライヴ・バーカー原作の映画、北村龍平監督のアメリカ映画「ミッドナイト・ミートトレイン」も間もなくレンタル、セルで、日本登場だったはず。実はブラッドリー・クーパー主演。にほんブログ村 映画ブログへ


| 鑑賞:ホラー系 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1260
トラックバック