PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< あまり知らない人にもご用心「ザ・ルームメイト」 | main | hisss...蛇女来る「スピーシー・オブ・コブラ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
やりたいことをやろう「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD 評価 7
 うん。サブカル満載で冒険的で楽しい映画。日本のサブカルチャーに対しての敬意というか、羨望や夢が詰ってるよね。劇場で観たかった映画だったけど、まあレンタルでも満足だな。「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ」のイギリス出身エドガー・ライトが日本のサブカルチャーに多大な影響を受けたカルト・コミックを映画化した「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」を観賞。原題はVS.ザ・ワールドだけど、劇中にTHE REAGUE OF EVIL EX-BOYFRIENDSというまさに邪悪な元カレ軍団そのままの名前の恋敵チームが登場するので、割と忠実。

 カナダ在住、アマチュアバンドのベーシストのスコット・ピルグリムは可愛らしい年下、16歳の中国系の彼女が出来たばかりというのに、ある日出会ったラモーナという年上のミステリアスな女の子にひとめ惚れしてしまう。ラモーナのことしか考えられなくなった彼はアプローチを繰り返し、初めてのデートに誘うことに成功。このままラモーナと付き合うことができるかもと思ったら、目の前にラモーナの元カレと名乗る一人の男が現れる。そうラモーナと恋人にしたいのなら、ラモーナの7人の邪悪な元カレ軍団と肉弾バトルをして倒さなければならないのだ。



 という始まり。内容は知っていたけど、観る前は、オタク少年の妄想が膨らんで、妄想の中でファンキーなバトルが展開されるのかと思いきや、妄想ではなく、普通に現実世界でファンキーなファイトが展開される映画だった。そう、イマジネーションさえあればなんでも許される、ファンキーな世界が物語の舞台。格闘シーンは必殺技や映像エフェクト、効果音、とにかく日本の格闘ゲームの世界。それ以外でもロープレの如くテロップが登場したり、随所にゲームの世界を演出。特に日本ゲームへの敬意が感じられ、パックマンやFF、ダンレボ系ニンジャゲーム、など小ネタも豊富。格闘シーンだけでなく、通常のシーンから、細かいカット割りで、小気味良い、面白い編集も目に飽きないし、サブカルを愛する原作だけならぬ、映画化においても日本などのサブカルチャーへの愛情を感じる。

 ただ、そんな面白いテイストの映画にも関わらず、中盤あたりから、ちょっと間延びしたように感じてしまったのはなぜでしょう。7人もいる邪悪な元カレの対戦もあるはずだけど、ラモーナとの恋愛がメインでもあるので、意外と元カレ軍団との戦いに持っていくまでが、時間掛ったからでしょうか、日本から斎藤兄弟も出演していますが、元カレ軍団や、スコットの友人たちも若い俳優ながら個性豊かでした。とくにお気に入りは、スコットにベタ惚れなチャイニーズ、ナイヴス・チャウを演じた子(エレン・ウォン)とスコットの妹を演じたアナ・ケンドリック。 忘れてはいけないマイケル・セラもこの映画にすごいマッチしてますね。マイケル・セラの「キミに逢えたら!」という映画もすごい好きです。日本劇場未公開ですが。にほんブログ村 映画ブログへ




amazon スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド
amazon スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [DVD]
amazon スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Blu-ray]
| 鑑賞:エンタメ系 | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1368
トラックバック