PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ラース・フォン・トリアー流ホラー映画「アンチクライスト」 | main | 死んでたまるか「デンデラ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
術中覚醒が暴く犯罪「アウェイク」
AWAKE 評価 7
 ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ共演2007年のアメリカ映画「アウェイク」を観賞。日本では2011年劇場公開なので、日本に来るまでちょっと時間が掛りました。

 幼い頃に父を亡くしたクレイトン・ベレスフォードは母に代わり父の大会社を引き継ぎ青年実業家として活躍していた。しかし彼は心臓に病気を抱え、またベレスフォード家で働くサムとの婚約を母に打ち明けられずにいる。母は実力のある有名な医師にクレイトンの執刀と依頼するが、クレイトン自身は親友であるジャックに自分の手術を任せる。ついに心臓移植手術が始まる、命を落すやも知れぬ危険な手術だったが、麻酔を打たれたクレイトンはなぜか、意識を失うことがなく、しかし体は動かせないという極限の状態が彼を襲い、そして…。



 という物語な医療系なサスペンス映画。こんなことが実際にあるとは知りませんでしたが、手術中まれに<術中覚醒>という意識はあるけど体は動かせない、という恐ろしい現象が起こる可能性があるそうですね。この映画はそんな医療現象をサスペンス映画に取り入れた作品です。
 <術中覚醒>は導入部で、そこからクライムが、サスペンスが展開されるのですが、複雑なサスペンスではなく、分かりやすく、お手軽な雰囲気のサスペンスで、個人的にとても好きな映画です。ジェシカ・アルバこういった役柄のほうが良いですね。テレンス・ハワードも出演、ヘイデンの母役のレナ・オリンもよかった。にほんブログ村 映画ブログへ

amazon アウェイク Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
| 鑑賞:エンタメ系 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1375
トラックバック