PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 無益な争い、勇気の大切さ「デルゴ」 | main | 日本は12月 リアル・スティール ロボキャラポスター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
高等野蛮異星生物の奇襲「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
BATTLE: LOS ANGELES 評価 8
 先日映画館で観賞しました。個人評価10点満点中8点はちょっと高いかな、しかもこの手のSF作品で。でも楽しかったんですよね、それと映像ですね。リアリティがすごいと思った。太陽系外に地球を遥かに超える、文明を持つ異星生物がいるとするなら、そしてその生物が決して友好的でなく、地球を、安い言葉で言い表すなら、侵略しようと考え、不意打ちに地球に攻撃を仕掛けてくるとすれば、手段はいかようにもあるが、しかしこの映画のような、悲惨さ、被害、パニック、になるだろうな、というちょいと恐怖心を与えてくれる映画。ホラーと言っても差支えない映画だと思います。地球最高の軍を有するアメリカでさえ、突然のことで慌てふためくのでしょう。

 ある日大量の隕石が地球に接近していることを人々は知らされる。なぜか墜落予想地点は各国主要都市付近の海。土壇場でコレは隕石ではないという結論が出される。ロサンゼルスでも墜落ギリギリに軍が動き出し、未知なる勢力の問答無用の襲撃に応戦を開始する。ウィリアム少尉率いる部隊も海岸付近の市街戦に加わり、警察署に取り残されている民間人救出の任を与えられるが、異星人と思われる物体の驚異的な攻撃に翻弄される。



 という物語。異星人による地球侵略を描いた大規模な映画ですが、地球全体が襲われますが、主に描かれるのは、ロサンゼルスのしかも一部隊。だからバトルロサンゼルスというタイトルなのですが、異星人侵略系の映画は今まで数作られてきましたが、この映画の場合、規模は大きいけど、その被害全体を紹介するのではなく、ある主人公部隊の目線メインで描かれているので、それが個人的には良かったんじゃないかな、と思いました。よりリアリティを感じました。カメラワークも、とてもお金の掛けられている映画だけど、通常の映画のように、カメラを固定して、アングルに拘って、綺麗にとったろー、という雰囲気ではなく、個人的には「24」風と感じましたが、ベテランのカメラマンが手で持って撮影し、不安定さを醸しだして、より臨場感を上げているのも、リアリティを感じた一因。



 この映画に関してはキャストに関心もなく、誰が出演しているのか、知らずに観賞したのですが、主人公がアーロン・エッカートなんですね、良かったです。ミシェル・ロドリゲスも良かったですね、しかしミシェル・ロドリゲスなタフな女の役ばかりしか観ないので、ジョークで、女性らしい可憐な役とか観てみたい気もしますが。ほかにマイケル・ペニャやNe-Yoなんかも出てて面白い。観る前はギトギトのパニックアーミーを想像してたけど、前半は侵略の風景が恐ろしくホラーだし、カメラはドキュメンタリー風のリアリティある映像だし、キャストも健闘し、一応ドラマな部分も垣間見れるし、総じてエンターテイメントととしてとても楽しめる映画でした。にほんブログ村 映画ブログへ



 こんなティーザーポスターもあります。「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は1942年の事件“ロサンゼルスの戦い”をモチーフにした映画で、当時、ロサンゼルスの夜空に無数の光が出現し、それを日本軍の艦載機が襲撃にきたと思った陸軍がそれを迎撃、街はパニック状態になり、ラジオでも中継され、多くの目撃者もいたが、翌日、日本軍の襲撃はなかったことが判明し、無数の攻撃も、空に浮かんでいた物体には影響はなく、なんの残骸も発見できなかったという七不思議的な謎事件を、あれは実は未確認飛行物体で正体は異星人だったのではないか、という噂を今回テーマにした映画のようです。

amazon 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]
amazon オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』
| 鑑賞:エンタメ系 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1383
トラックバック