PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 2012年 第84回アカデミー賞 ノミネート作品 有力候補作品・・・ | main | アイランドへ連れてって「わたしを離さないで」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
生者より死者のほうが圧倒的に多い「ヒア アフター」
HEREAFTER 評価 8
 “HEREAFTER”意味は未来、来世、あの世。クリント・イーストウッド監督、マッド・デイモン主演「ヒア アフター」を観賞。震災直後は以降公開予定だった映画が、様々な理由で公開延期、公開中止になりましたが、今作は2月公開映画だったので、公開中の映画でしたが、映画の冒頭にリゾートを襲う大津波のシーンがあったため、急遽公開終了となった作品。これはもう仕方のないことですが、CGで再現された津波の場面は、本物の津波の映像を幾度となく見たあとだけに、ほんの少しの違和感も感じつつ、それでも津波が町を襲うシーンや町の残骸を見て、東北の津波の映像を連想してしまい、どうにも沈黙してしまう。そんな場面でした。

 パリで働くフランス人ジャーナリストのマリーは恋人と東南アジアのリゾートでバカンス中に津波の被害に遭い、九死に一生を得る。死の淵をさまよっていたときに不思議な現象を体験し、今まで興味を示さなかった霊的な事象を調べるようになり周囲を困惑させる。一方サンフランシスコでは元霊能者のジョージは霊能力のせいで自分の人生はダメになったと、能力を封印し生活をしていた。ロンドンに住む双子の少年マーカスとジェイソン。不運な事故で兄ジェイソンが亡くなり、弟マーカスは兄が恋しく霊能者探しを始める。



 という三者の物語を紡ぎ合わせた作品。霊能力を扱った作品だけど、霊能力の存在はメインではあるけど、それは人間を描くきっかけに過ぎず、やっぱり、クリント・イーストウッド監督が描く、美しく、儚い人間ドラマになっている。次回作はレオナルド・ディカプリオ主演の伝記ものだが、「グラン・トリノ」、「チェンジリング」、「硫黄島からの手紙」、「インビクタス」、「ミリオンダラー・ベイビー」最近の作品は、どの作品も哀しみが詰った作品だけど、観終わったあとの後味の良い、良い映画ばかりだ。次回作も絶対期待できる。

 さて、まもなく人類の総人口が70億人を突破するようですが、今現在地球上にいる人間がおよそ70億。しかし過去この星にいた人間の数はその何倍、何十倍、百倍以上かも知れませんが、今生きてる人間より、死んでしまったひとのほうが圧倒的に多いこの状況、幽霊、霊能者、霊能力、科学的には証明されてはいませんが、霊的な存在を信じる、またはいるかも知れないと思うことはあるようですが、死んでしまったひとのほうが多いはずのこの世界では、一行に霊的なものの正体の発見や、証拠、目撃が圧倒的に少ない、否、殆どないというのは、ちょっと不思議だなぁと、最近、霊的なものにちょっと懐疑的な筆者です。

 だけどそれとは別にホラー映画はホラー映画として楽しむのですが。
 ヒロインはフランス人女優セシル・ドゥ・フランスですが、マッド・デイモン演じるジョージと料理教室で知り合う女性を演じるブライス・ダラス・ハワードの登場が個人的には嬉しい。にほんブログ村 映画ブログへ

amazon ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1393
トラックバック