PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 日本は12月 リアル・スティール ロボキャラポスター | main | 君を失いたくない「ファウンテン 永遠につづく愛」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お友達でいることの利点「ステイ・フレンズ」
FRIENDS WITH BENEFITS 評価 7
 日本でも公開されてまだ1週間のホットな映画ですが、公開規模も小さいし、作品の雰囲気的にも早々に終わってしまいそうな映画ですが、ついこの前劇場で観賞致しました。劇場スルーでレンタル開始されてもおかしくなさそうな映画、公開されることも直前まで知りませんでしたが、主演は最近役者業がお盛んな歌手のジャスティン・ティンバーレイク、そして「ブラック・スワン」で演技にも注目度大アップのミラ・クニス共演映画。

 映画を観ればとても軽快でそこそこに破廉恥で、とても楽しい映画なので、劇場公開はありありだな、と思える映画でした。主演意外の情報は知らずの観賞でしたが、脇を固めるのはウディ・ハレルソン、リチャード・ジェンキンス、パトリシア・クラークソンという演技派やベテラン揃いだったのは嬉しい。



 LAでWEBアート・ディレクターとして成功していたディランはヘッドハンティングを専門に行う仕事をしているジェイミーの紹介で、憧れのNYの企業へ転職する。ジェイミーもディランも恋人と別れたばかり、会って早々気が合った二人、恋愛という男と女の面倒なやり取りにウンザリしていた二人は、どちらからという訳でもなく、恋愛感情はなし、で欲情だけを発散できる体だけの関係を始める。サバサバとした理想的なお友達関係を築けたと二人は思っていたのだが…。

 というお話。観る前にあらすじは知っていたので、セックスフレンドのラブコメというところは把握してましたが、そんなことはないと思うけど、あんまりにギトギトならどうしよう、と一抹の不安はあったけど、観てみるとコレが、想像過ぎることはなく、軽快だし、健全?にも思えるし、とても明るい感じで、まあとりあえず「楽しい」という感想が真っ先に思い浮かぶ。これもチャーミングで、ほがらかっぽい、主演の二人の軽快なやり取りの影響もあるかも知れないですね。監督も新鋭の注目監督ということらしく、映画全体にテンポがよく、とてもオシャレで、都会的な雰囲気でした。パトリシア・クラークソンは好きな女優の一人なので、彼女の登場は意外で、やっぱり良い演技でした。ミラ・クニス演じるジェイミーの母親役。こっそりマシ・オカも少しだけ登場してます。

 この映画では魅力的だったミラ・クニスは個人的にそこまで惹かれる女優じゃなかった。出演作で初めて観たのは「マックス・ペイン」のヒロイン役。そして「ザ・ウォーカー」のヒロイン、今作の監督の「デート&ナイト」の脇役、と「ブラック・スワン」。

 ティンバーレイクというと、歌手としては彼の曲は良く聴きましたが(ステイ・フレンズの中でもやたら歌ってた)、出演作は「ブラック・スネーク・モーン」「アルファ・ドッグ」「ソーシャル・ネットワーク」「ヨギ&ブーブー」は観たけど、「サウスランドテイルズ」や「愛の伝道師ラブグル」は観てない、しかしかなりの出演数です。主演映画は「ステイ・フレンズ」が初ですね。にほんブログ村 映画ブログへ




 トレーラーに登場するミラ・クニスとアジア系の女の子が会話しているシーンは本編には無かったのでカットされたのでしょうね。よくあることです。それとちょっとネタバレになっちゃうかな、ドンデン返しとかはないのでその点は問題ありませんが、中盤でティンバーレイクが劇中の映画のシーンを観てラブロマンス映画のラストに流れる曲はクソだ、と言うところ、そのクソだと言われた曲が「ステイ・フレンズ」本編のラストで流れるという終盤あたりも憎かったですね。

amazon ステイ・フレンズ 輸入盤サントラ
| 鑑賞:エンタメ系 | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1396
トラックバック