PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 増える若女「富江 アンリミテッド」 | main | 怪物TVムービー2「ジュラシック・プレデター」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
怪物TVムービー1「新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟
MONGOLIAN DEATH WORM 評価 5
 アメリカのsyfyというTVチャンネルで放送されたsyfyオリジナルTVムービーが気になる。2000年代は以前からこの手の作品が作られ、日本でも日本向けにタイトルを変えレンタルやセルリリースされている。特にこのsyfy製作のUMAや伝説上のクリーチャーをメインにした作品に惹かれる。今回は「新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟」を観賞。原題は「MONGOLIAN DEATH WORM」。タイトルも余計な言葉はくっ付けず、クリーチャーの名前のみというのもこのシリーズに惹かれる一因。

 モンゴルで幻のチンギス・ハンの隠し財宝を探しているトレジャーハンターのデビッドは車の故障で立ち往生しているボランティア医師団の一員アリシアと出会う。初めは両者の目的が噛み合わず仲違いをするがその地に伝わる未確認生物モンゴリアン・デス・ワームの襲撃に遭い協力する…。



 という始まり。1989年ケヴィン・ベーコン主演の「トレマーズ」とはもちろん関係はない。主演のショーン・パトリック・フラナリーという俳優は主にTV畑で活躍している俳優みたいだが、調べると「ソウ ザ・ファイナル3D」のキーパーソン、ボビー・デイゲンを演じた俳優のようだ。こちらの「モンゴリアン・デス・ワーム」もソウ同様2010年の作品。

 ※モンゴリアン・デス・ワームとは、ゴビ砂漠周辺に生息している?とされる巨大なミミズのような未確認動物。地元ではオルゴイコルコイとも呼ばれている。(あくまでUMAです)
 ※日本ではUFO(未確認飛行物体)にちなんでUMAという言葉が有名ですが、これは日本人による造語のようで英語ではcryptid(クリプティッド)と呼ぶようです。有名なところではネッシー(ロッホ・ネス・モンスター)、イエティ、ビッグフッド、モスマン、フライング・ヒューマノイド、チュパカブラ、などがありますね。日本の妖怪・河童もUMAと言えなくもありません。

 さて作品はTVムービーだが予想以上にCGはしっかりしている。巨額を掛けたハリウッドの映画作品に比べると少しはチープに感じるが、日本のTV作品でここまでCGに頑張っている作品はなかなかないだろう。一昔前に比べ、TV作品にも掛けられる費用が上がっているのだろうか。

 ただ個人的には最近のハリウッド映画作品では、UMAとかクリーチャーがドーンと出てきて、逃げ惑って戦って、やっつけてハイおしまい。という作品は、なかなか今さら作ったり公開したりはないと思うので、そんな映画もたまには観たいな、という欲求に応えてくれるのが嬉しいが、問題はそれだけで、まさにUMA登場、逃げる、犠牲者が次々と、そして戦って、終わり、というまさにそれだけなので、内容だけみると、誰もが楽しめるものでは全くないのだが、個人的にはUMAで有名なモンゴリアン・デス・ワームの映画を観た、ただそれだけで満足。※ポスターのシーンはありません。にほんブログ村 映画ブログへ

amazon 新トレマーズ -モンゴリアン・デス・ワームの巣窟- [DVD]
| 鑑賞:劇場未公開映画 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1408
トラックバック