PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 怪物TVムービー3「サイクロプス」 | main | 世論に注目?来年公開「スノーホワイト」キャラポスター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
天から見守る者「インモータルズ -神々の戦い-」
IMMORTALS 評価 7
 2011年11月11日、日米同時公開「インモータルズ -神々の戦い-」観賞。監督は「ザ・セル」、「落下の王国」と映像美に定評のあるターセム監督。衣装デザインは石岡瑛子さんというかたがターセム監督の三つの映画全てに参加しているようですね。

 人間が生まれる遥か昔、ゼウス率いるオリュンポスの神々と凶暴なタイタン神族の大戦(ティタノマキア)のすえ、戦に敗れたタイタンたちは地獄の底タルタロスに閉じ込められた。時は流れ古代ギリシャ、神をも恐れぬ邪悪な心を持つ王ハイぺリオンはタイタン族の解放を目論み、ギリシャへ宣戦布告。神として決して人間に加担してはならないと神ゼウスは他の神々とともに人間の争いを天から見守る。そして一人の勇敢な男テセウスに、ハイぺリオン打倒を託す。



 という物語。MORTALとは、死ぬ者、死にゆく運命の者、の意味らしく、その打ち消しの意味のIMMORTALは、死なぬ者の意味で、つまりモータルが人間で、インモータルは神のこと、とういことのようです。邦題には神々の戦いというサブタイトルがありますが、ゼウスたちは人間に無闇に手出ししてはならないという考えを持っているので、基本的には神々の戦いではなく、弱者であるギリシャ軍そして青年テセウスとそれを力と恐怖でねじ伏せようとする人間ハイぺリオンの軍との戦いでした。しかしそれでは物足りないですから、クライマックスには神々も参上するので、神々の戦いも楽しめます。お話の内容はとてもシンプルです。あとは映像です。

 映像に関しては、流石にカッコ美しいです。まずタイトルがカッコ良かったですね。観始めてすぐは、想像より神々が人間そのものに思えて、あまりカッコ良い気がしなかったけど、観終わってみることには、満足していた。シーンなどもCGを使った美しく、壮大な場面も多々あり、カッコ良かったのですが、ところどころには、豪華な舞台セットの舞台劇を観ているような、映画の映像らしさのないところも個人的には感じましたが、プラスマイナス、プラスです。ただ右後ろのカップルが前半ずーっと喋りっぱなしで、気になって内容があまり頭に入ってこない部分もありましたが…、流石にいい加減にしろ、と思って、映画館スタッフなので、ここはと思い「これ以上喋り続けたら退場してもらいますよ」と言ったあとには静かになったので、万万歳です。

 人間の邪悪な男ハイぺリオンがミッキー・ローク、「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピントは「猿の惑星 創世記」にも出演していますがこの映画ではパイドラという人間の巫女の役。ゼウス、アテナ、アレス、ポセイドン、などオリュンポスの神々は顔も体も美しい役者が揃っておりますが超有名な俳優は敢えて起用していないけど兜が斬新でカッコ良かった。あとはタルタロスに封印されているタイタンたちが青くて、凶暴で良かったです。でもタイタン族と言えば巨人のイメージが強いし、言ってもタイタンも神々なので、それにしては小さいし、モンスター過ぎる気もしました。それとよくよく思えばインモータルズというタイトルに反している気も。オリンポスの神々も一部の神しか登場しませんでした。にほんブログ村 映画ブログへ

amazon インモータルズ -神々の戦い-(ターセム・シン、ミッキー・ローク出演) [DVD]









 ターセム監督の次回作は2012年公開の「Mirror Mirror」なんと白雪姫。ということは2012年は「スノー・ホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」の白雪姫対決。ターセム版は女王役にジュリア・リバーツ、「プロデューサーズ」のネイサン・レインも出演、しかしハンツマンはシャーリーズ・セロンが邪悪な女王役。今のところハンツマンのほうが観たいかな。
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1423
トラックバック
神々の強さ!
14日のことですが、映画「インモータルズ 神々の戦い」を鑑賞しました。 ギリシア神話の世界を舞台にした アクションもの 全体としては「300」的といえばわかりやすいか そのため新鮮さはあまりなく・・・ しかし アクションものとして見れば 悪くなく 楽しめますね
| 笑う学生の生活 | 2011/11/24 8:59 PM |
インモータルズ -神々の戦い-
神々って大したことないね。
| だらだら無気力ブログ! | 2011/11/28 9:59 PM |
映画「インモータルズ  神々の戦い」美しい映像は2Dで楽しみたい
「インモータルズ 神々の戦い」★★★ ヘンリー・カヴィル、スティーヴン・ドーフ、 ルーク・エヴァンス、イザベル・ルーカス、 ケラン・ラッツ、ジョセフ・モーガ、フリーダ・ピント、 ジョン・ハート、ミッキー・ローク 出演 ターセム・シン 監督、 111分、 2011年
| soramove | 2011/12/13 10:29 PM |