PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 悪女にメロメロ「トータル・リコール(2012)」 | main | 熟慮しない創造主「プロメテウス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
まさに怒りを感じろ「タイタンの逆襲」
WRATH OF THE TITANS 評価 6
 1981年の特撮神話アクション「タイタンの戦い」を最新のCG映像を駆使しリメイクした2010年「タイタンの戦い」の続編「タイタンの逆襲」を鑑賞。神話をもとにした物語ということで内容は薄めですが、個人的に神話や神話に登場クリーチャーなどは好きで、前作はそんな神話なキャラをセンスの良いデザインでたくさん登場させてくれたので、「タイタンの戦い」は好きな作品だったのですが、今回これはちょっと残念でしたね。内容やストーリーの薄さは全然どうでも良いのですが、神話キャラがカッコよくて、映像や景色がカッコよければ全然満足できたんですが、その唯一の期待の箇所が個人的には今回は全然カッコいいと思えなかったので残念です。

 今回もいろいろなクリーチャーや神が登場するのですが、ボスのクロノスがカッコ良くなかった。楽しみだったサイクロプスがカッコ良くなかった。主人公ペルセウス(サム・ワーシントン)もカッコ良くなかった。ペガサスがなぜか黒かった。殆どのクリーチャーはほぼCGで描かれてるけど、唯一なぜか安っぽい着ぐるみだったミノタウロスは痛烈だった。150億円の予算があって、なぜミノのシーンだけあんなに安っぽい?。クリーチャーは一番最初に登場するヒドラ キメラがカッコ良かった。戦いのシーンもカッコ良かった。



 そして前作に引き続きゼウスをリーアム・ニーソンが、ハデスをレイフ・ファインズが演じていますが、今回神二人の出番が前回より多めですね。ゼウスの息子、ペルセウスとは母違いの戦いの神アレスも登場し、重要なポジションを担っています。そして実はゼウスの子でオリュンポス十二神の一人でもあるアテナもキャスティングされているのですが、本編ではそのシーンはカットされています。

 ヒロインは前作はイオ役でジェマ・アータートンがおりましたが今回はイオは死んでしまったという設定で、キャスティングされておらず、あらたにヒロイン枠には神話でもペルセウスの妻になるギリシャ神話に登場するアンドロメダが登場し、これをロザムンド・パイクが演じています。ジェマ・アータートンにハマったときもあったけど、「サロゲート」でロザムンド・パイクを観てからこの人も好き。前作もアンドロメダは登場したけど別の女優でしたね。

 最後にあらすじ。前作からは10年後…。神ゼウスと人間のあいだに生まれたペルセウスは人間として生きることを決め一人息子とつつましい生活を送っていた。しかし天上界ではオリュンポスの神々の力が弱り、冥府の神ハデスと戦神アレスの裏切りにより、タルタロスに封印されていた、ゼウス、ポセイドン、ハデスの親でもあるタイタン族(巨人の神)のクロノスが復活を遂げようとしていた。そして一大事を察知したペルセウスは息子のため父のため再び剣を取る。という始まり。にほんブログ村 映画ブログへ






ポスターは相変わらずカッコいい。

amazon タイタンの逆襲 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

amazon タイタンの戦い & タイタンの逆襲 ブルーレイ ツインパック(初回限定生産) [Blu-ray]
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1544
トラックバック