PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 完遂「アベンジャーズ」 | main | 口論 : コロン「おとなのけんか」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第85回 アカデミー賞 作品賞ノミネート候補映画 2013年
  アカデミー賞作品賞ノミネート候補が噂れる頃。これはノミネートいくのではという噂の作品のポスターを貼り付けます。にほんブログ村 映画ブログへ




 ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 Life of Pi

 監督 アン・リー 主演 スラジュ・シャルマ

 監督は「グリーン・デスティニー」、「ブロークバック・マウンテン」、「ラスト、コーション」などのアン・リー。スター級のキャストはほぼなく。記者役のトビー・マグワイアの出演シーンも、知名度の高い彼のシーンは作品から少し浮くとの理由でカットされたという。ただフランス出身の有名俳優ジェラール・ドパルドューも出演。

 70年代の物語で、カナダに向かっていた日本の船が沈没、生き残ったインド人少年のサバイバル映画だそう。ブッカー賞受賞のベストセラー原作の映画化。





 リンカーン Lincoln

 監督 スティーブン・スピルバーグ 主演 ダニエル・デイ・ルイス

 スピルバーグ監督は前回「戦火の馬」でも作品賞ノミネート。監督賞はノミネートされず、作品賞もノミネートまででしたが、続いてアカデミーな映画を製作。アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンの伝記映画。

 リンカーン役のダニエル・デイ・ルイスは「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」と「マイ・レフト・フット」という作品で主演男優賞を2度受賞してますが、今作でも主演男優賞ノミネート有力

 その他出演者はジョセフ・ゴードン・レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジャレッド・ハリス(「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」のモリアーティ教授)など。





 ザ・マスター The Master

 監督 ポール・トーマス・アンダーソン 主演 ホアキン・フェニックス

 監督は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」、「マグノリア」などのポール・トーマス・アンダーソン。主演のホアキン・フェニックスは主演男優賞候補、アカデミー常連フィリップ・シーモア・ホフマンは助演男優賞候補

 第二次世界大戦後のアメリカ。聡明でカリスマ性のある人々を扇動する男に惹かれ慕う青年が彼に徐々に違和感を感じ始め…という話だそうだ。





 世界に一つのプレイブック
 Silver Lining Playbook


 監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス

 急浮上。監督は「ザ・ファイター」のデヴィッド・O・ラッセル。その他の出演者はロバート・デ・ニーロ、珍しいクリス・タッカー、「デクスター」にも出てたジュリア・スタイルズ。ジェニファー・ローレンスは主演女優賞候補

 妻の浮気相手を殺そうとして、精神を病み精神病院で4年過ごした男が社会復帰に悩むが「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス扮する若い女性に出会い…みたいな感じのラブコメ系。シリアス系が多くノミネートされるアカデミーでは「JUNO/ジュノ」みたいなシニカル系な映画かも。





 レ・ミゼラブル Les Miserables

 監督 トム・フーパー 主演 ヒュー・ジャックマン

 フランスのヴィクトル・ユーゴーの有名小説「レ・ミゼラブル」。日本では「噫無情(ああむじょう)」のタイトルも有名。演劇、舞台、世界中で演じられている作品のミュージカル映画版の2012年版。

 主演のヒュー・ジャックマンは主演男優賞候補。その他のキャストはアン・ハサウェイ、ラッセル・クロウ、ミュージカル映画「マンマ・ミーア!」にも出てたアマンダ・セイフライド、ミュージカル映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」で歌を披露してたヘレナ・ボナム・カーターとサシャ・バロン・コーエンの二人など。





 アルゴ Argo

 監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック?

 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」、「ザ・タウン」と監督業が評価されているベン・アフレック監督作品。1979年に発生したイランのアメリカ大使館占拠テロ事件を題材にした映画。

 その他の出演者はアラン・アーキン、ジョン・グッドマン、クレア・デュバルなど。アラン・アーキンは「リトル・ミス・サンシャイン」で助演男優賞を受賞してますね。ジョン・グッドマンと言えば個人的には「フリント・ストーン モダン石器時代」ですが、前回のアカデミー賞では作品賞ノミネート作の「アーティスト」、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」にも脇役として出演してました。





 ビースツ・オブ・ザ・サザン・ワイルド(原題)
 Beasts of the Southean Wild


 監督 ベン・ザイトリン 主演 クヴェインゼイン・ワリス

 サンダンス映画祭で注目を浴びたという映画。監督もキャストも無名の小規模映画で配給はフォックス・サーチライト。アカデミー賞ノミネートにしては規模が小さい映画ですが、これはくるんじゃないか、のような噂にあがっているようです。「プレシャス」もそんなに大きな映画ではありませんでしたしね。

 アメリカ南部の三角州地帯の村に住む少女が苦境な生活、厳しい自然、に対峙するという内容の映画のようです。





 そして作品賞ノミネート候補ではないけど、アカデミー賞に近い作品。






 ヒッチコック Hitchcock

 監督 サーシャ・ガヴァシ 主演 アンソニー・ホプキンス

 全米での公開が年内になったことで話題の映画「ヒッチコック」が次のアカデミー賞に絡むことに。アンソニー・ホプキンスが演じるヒッチコック、これはノミネート堅そう。もうこのポスターからそっくりだし。ヒチコックの妻役がヘレン・ミレン。

 映画の内容は「サイコ」の製作過程を描くということで、「サイコ」のヒロインであるジャネット・リーをスカーレット・ヨハンソンが演じ、ほかにジェシカ・ビールも女優役で出演。これは是非観たい。

 




 ホビット 思いがけない冒険
 The Hobbit: An Unexpected Journey


 監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーティン・フリーマン

 改めて3部作になることが決まった「ロード・オブ・ザ・リング」の新シリーズ「ホビット」3部作。フロドの父、ビルボ・バギンズの若かりし頃の物語。イアン・マッケランやイライジャ・ウッド、オーランド・ブルーム、ケイト・ブランシェットなどロードメンバーが再び総結集。

 ロード3部作、最終の「王の帰還」が見事アカデミー賞作品賞を受賞しましたが、今作はあたあの興奮が楽しめる大変期待な映画ですが、作品賞ノミネートは難しい。でも視覚効果とか衣装デザインなど、何かしらノミネートはあるでしょう。





 フライト Flight

 監督 ロバート・ゼメキス 主演 デンゼル・ワシントン

 最近はCGアニメの監督ばかりだったロバート・ゼメキスの久方ぶりの実写新作「フライト」。これは観る。ロバート・ゼメキスの映画はどれも好きだ。前回の実写作品は2000年の「キャスト・アウェイ」だから12年振り。

 その他のキャストはメリッサ・レオ、ドン・チードル、またまたジョン・グッドマンと強い。作品賞というよりデンゼル・ワシントンの主演男優賞に注目がいっている作品。

 飛行機を不時着させ多くの命を救った機長。そのとき機内では何が起きたのかというサスペンスな映画。





 愛、アムール Amour(オーストリア代表作品)

 監督 ミヒャエル・ハネケ 主演 エマニュエル・リヴァ

 こちらはフランスのミヒャエル・ハネケ監督の新作。フランス語映画なので作品賞ノミネートはどうなのか(外国語映画賞があるので)と感じますが、かなり押されている様子。主演のお婆ちゃんエマニュエル・リヴァの演技も絶賛のようです。前回フランス映画の「アーティスト」が作品賞ノミネート&受賞でしたが、あれは外国語じゃないですからね。




 その他、主演男優賞候補では「ジャンゴ 繋がれざる者」レオナルド・ディカプリオ、「アルゴ」のアラン・アーキン、「ザ・マスター」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「The Sessions」という映画でウィリアム・H・メイシー、助演女優賞で「リンカーン」のサリー・フィールド、「ザ・マスター」のエイミー・アダムス、「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイなどの名前もあるようです。

 「アベンジャーズ」は視覚効果部門ノミネートでしょうか。

 「Mirror Mirror」邦題「白雪姫と鏡の女王」の故・石岡瑛子さんも衣装デザイン部門にノミネートして欲しいですね。衣装や美術部門では「アンナ・カレーニナ」も入るかも。
にほんブログ村 映画ブログへ
| 気になる映画/雑記 | 20:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - | pookmark |
コメント
私も映画ブログを発行しているのですが、米国アカデミーショーの候補作品から、自分の見た映画から是非とも作品賞を選びたいと想うのですが、このブログに乗っている作品の多くがまだ未公開で、ほとんど見ていない映画が多いので唖然としました。大変勉強になりました。邦画は多く見ているので、自分なりの観賞眼で、作品ショーを選びたいです。
| 流石埜魚水 | 2012/12/12 7:34 AM |
コメントありがとうございます〜。
アメリカの方のブログのノミネート候補予想や、海外の映画サイトのノミネート予想を参考にして、これらの作品が高評価だったので私の予想ではありませんが、ノミネート候補作品として記事にしました。

基本的にアカデミー絡みの作品の日本での公開は、アカデミー賞のノミネートや受賞作が発表されてからのほうが日本で興行的に成功するので、翌年、つまり2013年の1月から4月ごろの公開になってしまうことが多いですね。

本国でもアカデミー賞を狙っている作品は年末頃やその年の後半に公開されることが多いので、それも日本での公開が遅れる要因にもなってるかも知れませんね。

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督の「ゼロ・ダーク・サーティー」も作品賞ノミネートになりそうです。
| 音村 | 2012/12/14 4:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1550
トラックバック