PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ボストン夢魔と悪魔の断末魔「絞殺魔」 | main | もっと早く観ればよかった「オリエント急行殺人事件」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ザ モノ ガタリ「遊星からの物体X ファーストコンタクト」
THE THING 評価 6
 映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』鑑賞。51年82年2011年と3度目の映画化。過去ホラーのリメイクは毎度斬新さは欠けるが好きなので観てしまう。82年の完全リメイクではなく前日譚仕様。クリーチャー造形がなかなかグロテスクで良いですね。@otomura2

 1982年、南極。ノルウェー基地の調査隊が氷層の中から地球外から飛来してきたと思われる未知の生命体を発見する。大学の研究所で働くケイトは内密にこの大発見の調査を南極で手伝うことになる。発見に湧く研究員や探検隊、しかし酒宴の最中、溶け始めた氷から未知の生物が脱走し、基地内の人間を遅い始める。その生物は取り込んだ生物に擬態できるため、基地の中の人間はお互いを信じられなくなり…。

 という始まり。主演のヒロインは「ファイナル・デッドコースター」、「デス・プルーフinグラインドハウス」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。「ダイ・ハード4.0」でブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンの娘役としても登場してましたが、ジョン・マクレーンの息子がこんどは活躍する新作「ダイ・ハード ラスト・デイ」でも娘役としてまた登場するみたいですね。好きな女優の一人です。



 オリジナルは例によって観てません。今作は82年ジョン・カーペンター版のリメイクor前章譚ということで、物語の舞台も1982年。82年版では全滅したと思われるノルウェー基地からやってきた犬を媒体にアメリカ基地が悲劇に見舞われるという設定のようですが、今作ファーストコンタクトでは文字通り、全滅したと思われるノルウェー基地の惨状を描いた作品。82年版に繋がる演出が観れます。なのでキャストは大多数がノルウェージャン。そこでアメリカ映画なのでメアリー・エリザベス・ウィンステッドやアメリカ人教授などが調査に参加するという流れ。

 凶悪な生物がいて、閉鎖された環境で、一人ひとりと、チームが殺されていくというお決まりの展開は、リメイク映画ならでは。斬新さは薄いけど、リメイク映画で舞台を現代ではなく、82年にしたのは好感が持てる(南極なので見た目では82年な感じはほとんどないけど)。それと最新のCGで作り上げたグロテスクなクリーチャーも見応えありました。

 それと南極基地室内のシーンは映画スタジオ内のセットで撮影していると思われますが、少しだけ違和感が、室内と言えど南極という設定なので暖房が効いていない場所は寒い、だから役者の口から白い息が出てましたが、これがちょっとリアルなんだけどちょっと本物と違う気がする。きっとスタジオ内なので実際は寒くないはずだからCGで付け足したのでしょう。私の眼はごまかせない!

 またゲームの「DEAD SPACE」を知っている方なら、クリーチャーがまさにDEAD SPACEなので、DEAD SPACEが「エイリアン」だけでなく、これらの往年のホラーからも影響を受けていることが伺えます。にほんブログ村 映画ブログへ


近年の旧作ホラーリメイク一覧

amazon 遊星からの物体X ファーストコンタクト [DVD]
amazon 遊星からの物体X ファーストコンタクト [Blu-ray]
| 鑑賞:ホラー系 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1585
トラックバック