PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< かっこいいおじさん「アジョシ」 | main | 怪獣版ジュラシック・パーク?「怪獣総進撃」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
具現化ヒーロー「ラ・ワン」
RA ONE 評価 6
 映画『ラ・ワン』鑑賞。シャー・ルク・カーン主演のSFインド映画。先発の『ロボット』を少し意識しているようだけど、こちらのほうが好き。映像はハリウッド並み、ダンスシーンも良かった、けど大きなダンスは2つだけだったので少し物足りない。ダンスを楽しむなら『DON』がオススメ。@otomura2

 イギリスのゲーム会社バロンはコンピューターの中のデーターを具現化する技術を開発。一方同社の社員シュカルは冴えない不運な男であったが最強の悪役“ラ・ワン”が登場するゲームを企画し評価を得る。完成したゲームを息子プラティクにやらせるがゲームの得意なプラティクはラ・ワンを撃破。しかしコンピューターの中のラ・ワンは復讐に燃え、意思を持ち具現化する力を手に入れ現実世界に現れ、プラティクを抹殺すべく襲いくる。息子を守るため父シュカルはラ・ワンに立ち向かうが惨敗…そんなとき正義のヒーローGワンもラ・ワンを追って現実世界へやってくる…。



 という物語。製作会社が一緒なのか分からないけど「ロボット」のラジニカーントも「ロボット」と同じチッティというロボ役で少しだけ登場。メインのキャストではアカシという日本人キャラも登場。「ロボット」のときもライバル企業の社長が日本人役っぽかったし、ロボット=日本、ゲーム=日本という感覚が今でもインドではあるのでしょうか。

 ちょっとシンプルな物語で子供向けな気もするけど、CGをふんだんに使ったなかなかの迫力映像満載。シャー・ルク・カーンのキレのあるダンスも堪能。しかしダンスシーンは少しすくなめなのでちょっと残念。



 一昔前日本で流行ったラジニカーントの「ムトゥ!踊るマハラジャ」筆者も当時これをレンタルで観まして、綺麗に揃った集団のインド映画のダンスシーンに圧巻されましたが、いかんせん上映時間がながく、そのときはそこまでインド映画にハマることはなかったのだけれど、ここ数年ではかなりインド映画が好きになりました。やっぱりなんと言ってもキレのある華やかなダンスシーンが見どころですね。きっかけは2006年の「ドン -過去を消された男-」この作品でのシャー・ルク・カーンに心奪われ、そのあと観たシャー・ルク・カーン主演映画「たとえ明日が来なくても」これにも心奪われ、なのでインド映画と言ったらシャー・ルク・カーン作品がおススメです。にほんブログ村 映画ブログへ

amazon ラ・ワン [DVD]
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/1596
トラックバック