PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ラブ・アクチュアリー | main | モンスター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マンダレイ
オススメ度 ★★★★☆(3・5)

左のポスター ドッグヴィル(★4) アメリカ三部作、一作目。
右のポスター マンダレイ アメリカ三部作、二作目。

パク・チャヌク監督のオールド・ボーイ(★3・5)などの復讐三部作、今度、最新作、武士の一分が公開される山田洋二監督の時代劇三部作(後付け?)、ナルニア国物語の次回作、ハリーポッターシリーズ・・・・・ではなく、続編映画の一番の楽しみは、ラース・フォン・トリアー監督の“アメリカ三部作”です。トリアー監督の映画はカンヌ映画祭パルムドール(最優秀作品)にも選ばれたダンサー・イン・ザ・ダーク(5★)を観て衝撃を受け、それからニコール・キッドマン主演のドッグヴィルからはじまるアメリカ三部作から目が離せなくなりました。

このアメリカ三部作と呼ばれる映画は一つ一つ観るだけでも、それぞれ完結はしているので充分それぞれの映画の要となるメッセージは伝わりますが、アメリカ三部作には一連の流れがあり、毎回毎回、衝撃的展開でいて衝撃的クライマックスです。特にこのアメリカ三部作はクライマックスの展開が鍵と言えます。
三部作のルールは、まず、映画の舞台(セット)はただ単に真っ黒な大きいスタジオに白い線で道や敷地、家屋等の位置を記しているだけで、必要最低限の大道具、小道具、しか使いません、壁もなければドアもない、でも役者はドアを開けるんです、そこにドアが開く効果音と解説ナレーション。
この突飛で斬新な発想は、ドッグヴィルを観たときに慣れましたが、マンダレイを観始めたときもはじめ5分くらいは戸惑いました、ただ、すぐに気にならなくなります。これがアメリカ三部作の最大の特徴、僕はすごい好きです。これでこそアメリカ三部作だ、というイメージカラーになっていると思います。白と黒ですごいシンプル、逆に、背景がシンプルということは物語の展開、設定、ストーリー、俳優の演技、セリフの一つ一つがとても重要になります、そして、ドッグヴィルもマンダレイも完全にそれで勝負しています。お金を掛けたハリウッド映画と違い、この映画の場合、必要なのはCGとか高いセットじゃないんです。その代わり、軽い物語ではないので、気楽な気分で観られると、気分を害されるか、途中で観るのをやめてしまう可能性があるので、気合と芸術的感性を最大限に研ぎ澄まして鑑賞することをオススメします。

デンマーク人のラース・フォン・トリアー、が考える大国アメリカに対する、イメージとメッセージ。
第一作の、ドッグヴィルとはロッキー山脈の麓にあるとされる町の名前、ニコール・キッドマン演じるグレースはギャングに追われ、身を隠すため、ドッグヴィルで生活し、住民たちと少しづつ、距離を縮めていくというお話で、そのラストシーンは、いままで観た映画の中でも最も衝撃的なラスト、詳しくは、是非、その目で確認してください。

そしてドッグヴィルをあとにしたグレースが次に辿り着いたのがマンダレイという大農園(プランテーション)、そこでは70年前に廃止された奴隷制度がいまなお施行されていて、グレースは持ち前の正義感から、そこに住む黒人たちを救おうとする。今回も終始、息を呑むような展開。主演はニコール・キッドマンに代わってヴィレッジ(3★)で主演を演じた、映画監督、ロン・ハワードの娘、ブライス・ダラス・ハワード。兎に角名前がカッコいいですね。ドッグヴィルのメイキング映像でニコール・キッドマンがもうラースとは仕事したくない、と言っていた気がしますが、本当にやりたくなかったようです、ダンサー・イン・ザ・ダークのメイキングでも主演のビョークが撮影現場から脱走していました。ラース・フォン・トリアーは本当に異才と呼ばれる人なんだと思います、天才と呼ばれる人はとても変わった人間なのでしょう。

三部作のしめくくりは“ワシントン”だそうです、ドッグヴィル、マンダレイ、ワシントンとグレースは東へ、東へと向っています。2008年の公開だそうですが、いまから三部作目、ワシントンが楽しみです。映画館で絶対観ます。

ラース監督のダンサー・イン・ザ・ダークの前に撮った、奇跡の海(3・5★)という映画も観ました。

『ドッグヴィル』×『マンダレイ』 ラース・フォン・トリアー ツインパック
マンダレイ デラックス版
ドッグヴィル スタンダード・エディション
「マンダレイ&ドッグヴィル」オリジナル・サウンドトラック

人気ブログランキング(映画)に参加しています、
↑是非ワン・クリックお願いします。


amazon映画のやおよろず
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 23:47 | comments(4) | trackbacks(11) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - | pookmark |
コメント
おじゃまします(^-^)/ この度はTRBありがとうございます。
「ドッグヴィル」から嵌ったアメリカ三部作〜
お次は“ワシントン”なんですね?
今から最終話、どんな人間の暗部を見せてくれるのか?
はたまた、グレースにはどんな最後が待っているのか?
いまから楽しみデス。
こちらからもTRBさせていただきます♪
| soratuki | 2006/11/18 12:14 AM |
soratukiさんコメントありがとうございます。
最終話は“ワシントン”という情報です。最後だけにグレース自身の結末が気になるところです。
ホント楽しみですアメリカ三部作。
| 音村 | 2006/11/18 2:37 AM |
TB、感謝です♪

>天才と呼ばれる人はとても変わった人間なのでしょう。

「ドッグヴィル」のメイキング見ると、本当に変人ですな(笑)。
大体、“フォン”だって偽称だし(苦笑)。
ブライス・ダラス・ハワードは度胸良く演じてましたね。
今回のグレイスのパーソナリティなら適役だったのでは?
次回作の「ワシントン」ではキッドマンも共演するという噂がありますが、
どーなることやら??
| カゴメ | 2006/12/01 4:29 PM |
カゴメさんコメントありがとうございます。
ニコール・キッドマン共演の噂が!?実現したら、すごいセンセーショナルですね、より一層、アメリカ三部作が見応えあるものに、なりそう…楽しみです。
| 音村 | 2006/12/02 4:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/192
トラックバック
マンダレイ
製作年度 2005年 製作国 デンマーク/スウェーデン/オランダ/フランス/ドイツ/アメリカ 上映時間 139分 監督 ラース・フォン・トリアー 原作 − 脚本 ラース・フォン・トリアー 音楽 ヨアキム・ホルベック 出演 ブライス・ダラス・ハワード 、イザッ
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/11/17 5:35 AM |
『マンダレイ』
  ネタバレ注意[:どんっ:]  ラース・フォン・トリアー監督の「アメリカ三部作」の二作目。相変わらず建物は白線で引いてあるだけという、演劇舞台を思わせる斬新な視点で物語は進む。今作も人間のエゴを深くえぐり出した発言が多数。ハラハラドキドキしながら観て
| セイウチより欠伸を込めて | 2006/11/17 9:10 PM |
337.『マンダレイ〜MANDERLAY〜』みちゃった!(^^)!
{/kaeru_fine/} ラース・フォン・トリアー監督『アメリカ三部作/第1弾』は『ドッグヴィル』。 そして、今夜UPする『マンダレイ』はその『第2弾』。 前回“ドッグヴィル”からの続きのお話です。 『ドッグヴィル』・・・私のBEST10に入るほどお気に入りだったりします。^
| 徒然なるままに・・・? | 2006/11/18 12:14 AM |
「マンダレイ」
「マンダレイ」を観ました。 ドッグヴィルを焼き払った後、グレースとパパ(のギャング団)は新天地を求めて南部、マンダレイに辿り着いた。そこではとっくの昔に廃止になったはずの奴隷制度が続いており、未だに黒人は虐げられたままだった。彼らを解放すべくグレ
| fab fun (旧・るるる的雑記帳) | 2006/11/18 10:32 AM |
武士の一分
試写会見ました。もうすでにご覧になられた皆さんはどう感じられましたか?自分の場合はキムタクさんのしゃべり方が、気になって集中できませんでした。(どうしても頭にホリが浮かぶので)あ、でも勘違いしないで下さい。内容は書けませんが、しっかりした物語ですし、
| きーわーど・えくすぷれす | 2006/11/23 12:23 PM |
周防正行監督最新映画『それでもボクはやっていない』
それでもボクはやっていないうーん・・・このタイトルもしやと思いきや・・・やはり・・・。近頃新聞、ニュースでも見かける身近な話題!?そう、痴漢に間違えられた主人公は果たしてどうなる??某有名タレントさんや某有名教授の事件も記憶に新しいところ、冤罪も含め
| きーわーど・えくすぷれす | 2006/11/25 2:16 AM |
真・映画日記『マンダレイ』
土曜なのに朝5時起き。 待ちに待った『マンダレイ』の初日である。 6時に武蔵野線に乗り吉川を出る。 7時に日比谷に着き、 日比谷シャンテシネへ。当然、誰もいない。 去年の2月の『マシニスト』の時は9時の時点(開場1時間前)で50人以上は並んでいたし、 先週
| CHEAP THRILL | 2006/11/30 9:51 PM |
★「マンダレイ」、人のこと言ってる暇があったら★
「マンダレイ」(2005) 丁抹/瑞典/蘭/仏/独/米 MANDERLAY 監督:ラース・フォン・トリアー   製作:ヴィベク・ウィンドレフ   脚本:ラース・フォン・トリアー   撮影:アンソニー・ドッド・マントル   衣装デザイン
| ★☆カゴメのシネマ洞☆★ | 2006/12/01 4:24 PM |
武士の一分
武士の一分って映画
| まことの世界 | 2006/12/02 4:46 PM |
ドッグヴィル
映画「ドッグヴィル」
| おすすめ マイベスト映画&DVD | 2008/02/27 11:57 PM |
マンダレイ
 『美しき救世主があらわれ、 そして、自由が消えた。』  コチラの「マンダレイ」は、「ドッグヴィル」に続く「アメリカ三部作」の第2弾となったR-18指定のヒューマン・ドラマです。スタジオの床に白線を引き最低限のセットのみという舞台形式は前作同様だったん
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/07/31 8:12 PM |