PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ロッキー・ザ・ファイナル | main | ぼくのともだち ドゥーマ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
すべてはその朝始まった
オススメ度 ★★★★☆(4・0)

不甲斐無い男の物語、卑劣だけど頭の良い犯罪、頭の良いサスペンス、クライヴ・オーウェンジェニファー・アニストン主演、すべてはその朝始まった…。2005年、日本劇場未公開です。
■CM制作会社に勤めるごく普通のビジネスマン・チャールズは美しい妻と可愛い娘とともに平凡だが幸せな暮らしを送っていた。しかし、ある朝いつもの通勤電車より一本遅い電車に乗ったときに、車内で美しいルシンダという女性と知り合うことに。彼女にも愛する夫と娘が、チャールズにも大事な家庭があるのだが、会話を重ねる内に次第に親密になっていく二人、そしてその場の勢いで二人はホテルで一夜を過ごすことを決意…、だがそんな場面で不幸にも銃を持った強盗に押し入られ財布を奪われる…そして二人の不倫関係に気づいた犯人は、不倫をネタに大金を払えと恐喝を迫る…。

クライヴ・オーウェン×ジェニファー・アニストン×ヴァンサン・カッセルときて日本劇場未公開です。しかも面白い、これはお得です。やっぱり大注目なのはフレンズのレイチェルことジェニファー・アニストン、映画女優というより、全米空前ドラマ・フレンズ女優という感じが強く、フレンズが第10シーズンを迎え、終了?となり最近特に映画出演が目立ちます、2003年のブルース・オールマイティジム・キャリーの奥さん役で少し出てましたが、最近ではハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き然り、セックス・アンド・マネー然り、迷い婚-すべての迷える女性たちへ-然り、ポリーmy love然り、フレンズのジェニファー・アニストンの明朗快活で観た目通りチャーミングなキャラクターばかり、ちなみに迷い婚以外は全て日本劇場未公開作品です。そんなチャーミングなジェニファーのイメージを一番崩しているのが、このすべてはその朝始まった、というサスペンス映画だったので、そのギャップ観たさに劇場未公開と知って借りずにはいられなかった。

この映画はそんなジェニファー・アニストンの新たな魅力も拝見できますが、それに留まらず、いやそれ以上に、物語の出来が良い。超難解映画ではありませんが、適度に頭を刺激する、サスペンスがとても気持ちが良いです。正直なところ、展開は読めましたが、期待通りの展開だったし、なにより、その過程やセリフもセンスが良いので、はやりお得な映画と言えます。あとはフランス出身、ヴァンサン・カッセルの悪役ぶりが評判のようです。

それとこの映画の監督(ミカエル・ハフストローム)の新作が1408(原題)という呪われたホテルの一室1408号室をテーマにした映画が控えておりますが、期待できます。

監督 ミカエル・ハフストローム
ポゼッション1408
キャスト クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン、ヴァンサン・カッセル、メリッサ・ジョージ、RZA、デニス・オヘア、ジャンカルロ・エスポジート、アディソン・ティムリン、デヴィッド・モリッシー
2005(アメリカ)原題 DERAILED


人気ブログランキング(映画)に参加しています、
↑是非ワン・クリックお願いします。


鑑賞リスト&ランキング2007はこちら
amazon映画のやおよろず
| 鑑賞:劇場未公開映画 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/411
トラックバック