PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ライトアップ! イルミネーション大戦争 | main | オスカー候補、徐々にに絞られ >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - | pookmark |
変人村
オススメ度 ★★★☆☆(3・1)

「侮るなかれ。」
主演ヴァンサン・カッセル、カメオ出演モニカ・ベルッチ変人村。原題はSHEITAN またいい加減な邦題をと、思ったら…、まさしく変人村でした。

■クリスマス前夜。バート、タイ、ラジの3人の若者は、クラブでエーヴとヤスミンの2人の女の子をナンパする、知り合ったばかりの男女、クラブで起こした揉め事のせいで店を追い出された一行はエーヴの提案で彼女の家でクリスマスを過ごすことに…、数時間かけて到着したエーヴの実家、そこには住み込みの男性の家政婦ジョセフがいた、馴れ馴れしく気さくなジョセフに若干戸惑う若者たち、彼とは付かず離れずの距離をとって、屋敷で楽しむのだったが、ジョセフの提案で近くの洞窟温泉に行き、他の村人とも知りあうのだが、どうも近くに住む住人たちはどこか変わっているのだった…。

2006年フランス映画、日本劇場未公開ヴァンサン・カッセルの演技が素晴らしい、内容はともあれ、映像も綺麗でスタイリッシュなので、割と好きです。主人公たちを演じるヨーロッパの若手の俳優たちも良いです。アフリカ系、アジア系、白人系、など複数の人種交るヨーロッパ人の若者グループはなんか現代的、でもやっぱりハリウッドのティーン・ホラーとは一線を画しますね、似て非なるもの、似せようとしても、やっぱりどこか違う、ユーロ・ホラーのほうがどうしても暗く、オゾマシイ。ヴァンサン・カッセルの奥さんヨーロッパのダイヤモンドことモニカ・ベルッチ、もカメオ出演しており、実はこれが一番の楽しみだったのですが、ちょっとこちらのカメオ出演は分り辛いし、露出も極めて少なく残念?です。

原題はSHEITAN 英語にするとSATAN つまり悪魔サタンを意味するタイトルで、変人村とはまたこじつけたな、と最初は思ったのですが、ところがどっこい、ヴァンサン・カッセルが住む村、というか地区は本当に変人村でした。
変人村というと、やっぱり少し前に題名のインパクトで少し話題になった変態村変態男のいわゆる変態?シリーズが思い起こされますが、この2作品は観てませんが、この変態シリーズはいずれもヨーロッパの映画で、しかも邦題よりは真面目な内容の映画だそうです。こういった邦題の付け方は嫌いじゃないですが、やりすぎには要注意です。

変態?シリーズと原題と製作国
変態村 CALVAIRE(殉教・殉死)ベルギー/フランス
変態男 ORDINARY MAN(普通の男)ベルギー/フランス
変人村 SHEITAN(サタン)フランス

監督 キム・シャピロン
変人村
キャスト ヴァンサン・カッセル、オリヴィエ・バーテレミー、ロクサーヌ・メスキダ、ニコラス・ル・パタン、レイラ・ベクティ、モニカ・ベルッチ
フランス(2006)原題 SHEITAN


人気ブログランキング(映画)に参加しています、
↑是非ワン・クリックお願いします。


鑑賞リスト&ランキング2007はこちら
amazon映画のやおよろず
| 鑑賞:ホラー系 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/457
トラックバック