PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 28週後... | main | 迷子の警察音楽隊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アイ・アム・レジェンド
オススメ度 ★★★★☆(3・5)

「結構、残酷。」
まあ、ホラー、スリラー、というジャンルが一番当てはまりますね。マネキンに話しかけているウィル・スミスには目を当てられませんでしたが、観て損は無かったです。

■2012年、ニューヨーク。数年前に発生した大規模なウィルス災害によって人類は滅んでいた…。宿主を無くしながらも荒廃した街はその姿だけを残し佇んでいる。そんな廃墟と化したニューヨークに一人災厄から生きながらえた元科学者のロバート・ネビルは愛犬のサムとともに、誰もいないニューヨークで食糧や生存者を探す毎日を延々と繰り返していた。そんな彼が恐れているのは夜…、日が沈み太陽の光が消えるとどこからともなくウィルスに感染しすでに人で無くなったダーク・シーカーと呼ばれるモノが執拗に迫ってくるのであった…。

地球最後の男のリメイク。とにかく大きな音とか、いきなりおどかすようなシーンがあって、ちょっとびっくりするので、そんなに脅かさないでという感じですが、ダーク・シーカーたちの気持ち悪さは、とても見応えありました。この映画結構話題性とウィル・スミス主演という雰囲気で、勢い任せに鑑賞した人があまりのホラーぶりにびっくりするというパターンが多いようです。確かにウィル・スミスが活躍するSF超大作オンリーを頭に描いていた人にとってはちょっと残酷な映画かも知れません。でも1964年と古めですがリメイク映画ですし、予告編にもダーク・シーカー登場しているので、事前に確かめたほうが良いですね。

それとウィル・スミスがたったり一人で暮らすニューヨーク、家族も友もいない最大の孤独だけど、羨ましくない反面、かなり羨ましい…、誰もいないニューヨークで、街を徘徊し食糧を物色し、DVDショップで観たい映画を毎日レンタル、ルームランナーもマシンガンもダイナマイトもなんでも欲しいものは手に入る…、しかもタダ…。一日だけだったら体験したい、夢の行動です。でも夜は…すごい気持ち悪い奴らが、元人間の奴らが、生きた人間を求め襲ってくるんです。単純な物語ですが、そんな昔に良く思いついたなという作品ですね、今リメイクするに相応しい映画です。

映画館で観て個人的には全然損は無かったと思いましたが、映像面や雰囲気は好きだけど、ストーリーが最近観た映画の中で一番都合の良い映画でしたね、都合が良いのが映画だと思っているのですが、それにしもてちょっと引っ掛かりました、最後のシーンとか、埠頭のシーンとか。あ、と、は、ウィル・スミスが孤独の寂しさを紛らわすためにマネキン相手にお話しているシーンはちょっとだけ閉口しました。でも本編にはそんなに関係ないので、問題なしです。

監督 フランシス・ローレンス
コンスタンティン
キャスト ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン、ウィロウ・スミス、ダレル・フォスター、エイプリル・グレイス、ジェームズ・マッコリー
アメリカ(2007)原題 I AM LEGEND


人気ブログランキング(映画)に参加しています、
↑是非ワン・クリックお願いします。


鑑賞リスト&ランキング2008はこちら
| 鑑賞:ホラー系 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/480
トラックバック
アイ・アム・レジェンド
 『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日に早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  久し振りにレイトショーでの鑑
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/13 5:26 PM |
真・映画日記(3)『アイ・アム・レジェンド』
JUGEMテーマ:映画 (2から) 午後6時半に映画館を出る。 雑誌「ぴあ」を見てみると「渋谷TOEI」がまだやっているようだ。 年内最後の映画。 ・・・『茶々』では締めたくないので、『アイ・アム・レジェンド』をチョイスする。 その前にガード下にある蕎
|            | 2008/03/03 2:12 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/24 3:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/25 2:22 PM |