PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< ブラック・クリスマス「BLACK CHRISTMAS」 | main | アクロス・ザ・ユニバース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
エリザベス:ゴールデン・エイジ
オススメ度 ★★★★☆(3・6)

「内なる物語。」
約10年振りの続編。監督シュカール・カプール、主演ケイト・ブランシェット、とジェフリー・ラッシュは前作と同じで、第80回アカデミー賞でブランシェットは主演女優賞にノミネート。
■1585年。プロテスタントの女王としてイングランドを治めるエリザベス1世。今まで彼女はその強い信念で国を統治してきたがカトリックを信仰する民衆も国内にも半数ほどとなり、またヨーロッパ全土をカトリック派にしようと目論むスペイン国王フィリップ2世、また正式な王位継承権を持つのは自分だと信じるエリザベスの従妹メアリーの陰謀も交錯し、エリザベスが守るイングランドは窮地に陥っていた。そして結婚せずヴァージン・クィーンと呼ばれている女王の前に航海士のウォルター・ローリーなる男が現れ、二人は親密な関係を築く。

スペイン無敵艦隊、フィリップ2世、とちょっと世界史の授業で登場する単語などが懐かしいですが、ヴァージン・クィーンとして、当時スペインや国内のイザコザに立ち向かった孤独な女王エリザベスの内に秘めた感情などを中心に描いたのがこのエリザベス:ゴールデン・エイジです。当時の出来事を全体的に捉えた物語ではなく、割とエリザベス1世の感情などが中心となっています。

約10年振りに続編を作ってしまった原因は不明ですが、1作目のエリザベスを観た記憶が殆ど無いので、新作映画に近い気分です。映画の途中で少〜しだけ、10年前のエリザベスのケイト・ブランシェットが映し出される場面は少し感慨深いものがあります。監督シュカール・カプール、ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュは前作に引き続き同じ配役で、新たに航海士ウォルター・ローリー役にクライヴ・オーウェン、エリザベスの失脚を企むスコットランド女王メアリー役にサマンサ・モートン、やエリザベスに仕えるベスという役にアビー・コーニッシュなどがあります。中でもスコットランドの女王を演じたサマンサ・モートンは迫力あってすごい良かったです。マイノリティー・リポートCODE46、など不思議な役所も多い彼女ですが、新作のイギリス映画、ミスター・ロンリーも映画館で観たくなりました。それとオーストラリア出身のちょっとナタリー・ポートマンに似てるなーと個人的に思っているアビー・コーニッシュもプロヴァンスからの贈りもの、キャンディと注目株です。

そして本年度のアカデミーの主演女優と助演女優賞(ボブ・ディランを演じたアイム・ノット・ゼア)、両方にノミネートされたケイト・ブランシェット。残念ながら両方とも取り逃してしまいましたが、ケイト・ブランシェットはとても好きな女優の一人だし、成熟した女王エリザベスの演技も文句なく良かったのですが、ケイト・ブランシェットらしい、というか、今回のアカデミー賞の主演女優賞に選ばれたマリアン・コティヤールエディット・ピアフ 愛の賛歌)、ティルダ・スウィントンフィクサー)の二人はやっぱり素晴らしいと思うので、しょうがないですね。今までにも数多くの女優賞をノミネートだけでなく受賞もしているケイト・ブランシェットですが、アカデミー賞ではたくさんノミネートされているにも関わらず、組み合わせが悪く、意外にもアビエイターで実在した人物キャサリン・ヘプバーンを演じたときの助演女優賞だけみたいです。今年はスティーブン・スピルバーグの大作、インディー・ジョーンズの4作目、クリスタルスカルの王国にもカッコイイ役で出演しているようなので、最近真面目路線な映画出演が多い中、一転してアドベンチャー映画出演なのでとても楽しみですねー。

当ブログ内・ケイト・ブランシェット出演映画
エリザベス:ゴールデン・エイジ
バベル
さらば、ベルリン
あるスキャンダルの覚え書き
アビエイター
コーヒー&シガレッツ
シッピング・ニュース

監督 シュカール・カプール
サハラに舞う羽根エリザベス女盗賊プーラン
キャスト ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン、トム・ホランダー、エディ・レッドメイン、アダム・ゴドリー
イギリス/フランス(2007)原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE


人気ブログランキング(映画)に参加しています、
↑是非ワン・クリックお願いします。


鑑賞リスト&ランキング2008はこちら
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/493
トラックバック
エリザベス ゴールデン・エイジ
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/03/06 8:58 PM |
真・映画日記『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
JUGEMテーマ:映画 3月7日(金)◆737日目◆ 終業手前で雨が降った。 すぐにやんだけど、もうちょいと遅くに降ってくれれば…ねぇ。 終業後、日比谷「スカラ座」へ。 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見る。 『エリザベス』の続編でスタッフと主
|            | 2008/03/19 9:52 PM |