PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 幸せになるための27のドレス | main | ザ・マジックアワー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
デス・ロード 染血
オススメ度 ★★★★☆(3・6)

「謎系、車中ホラー。」
プラダを着た悪魔を観て好きになってしまった女優エミリー・ブラント主演のイギリス・ホラー映画、ウィンド・チル。きっと日本にはやってこないと思って輸入DVDを買ってしまった…。
■12月23日。実家の家族とクリスマスを祝うため女子大生は“足”を探していた。交通の不便な実家に行くには車が一番なのだが、あいにく彼女は車を持って無く、しかたなく掲示板にはってある同乗者募集の張り紙の相手に送ってもらうことに。そして同じ年頃の青年と共に目的地へ向かう彼女だったが、出発から二人は言い争ってしまう…。気まずい状態に追い打ちを掛けるように車がスリップし、雪にハマってしまい、二人は道の途中で立ち往生となる、そして極寒の中震える二人は車の外の何者かの気配を感じる…。

エミリー・ブラント主演のホラーだ、というだけでとても観たくなった映画、ウィンド・チル。日本での公開は愚か、レンタルだってもしかしたらされないんじゃないか、と輸入版DVDを借りて鑑賞。それも束の間、日本でもレンタルが開始されショックを受ける。日本語字幕の無い輸入盤でなんとかかんとか鑑賞したのに、という重いですが、ホラー映画は基本的に難しい内容ではないので映像と英語字幕さえあれば充分に理解に値します。

そしてやはりエミリー・ブラントは良かったです。若いし、美人だし、そして演技の実力が画面からみるみる伝わります。やっぱり好きです。最近の作品ではジェイン・オースティンの読書会にも出演していたのでこの映画も観たかったのですが、予算と時間の関係で見送りました。チャーリー・ウィルソンズ・ウォーにもちょっとだけだけど、出演しています。新作は魔法にかけられてエイミー・アダムスリトル・ミス・サンシャインアラン・アーキン共演のサンシャイン・クリーニング(原題)それとベニチオ・デル・トロ主演の狼男があります。どちらも観たいです。イギリス出身のブラントもいまやハリウッドでひっぱり蛸。この映画の出演者はごくわずか、主に車中の男女にプラスαβγです。相手役の青年を演じた若手俳優アシュトン・ホームズも良い感じでした。

物語の内容はホラー、スリラー、です。そしてちょっとミステリアスで謎。なんだか不透明でちょっと物語の筋が分かりにくい部分もあり、雪の降りしきるシーンを淡々と語っている感じなので、大きな展開や激しいアクションがないと納得できない人にとっては物足りないかも知れませんが、個人的には主演の男女のやりとりや、映像の雰囲気なんかも、好きだったので、満足満足です。

デス・ロード 染血DVD 特価

監督 グレゴリー・ジェイコブズ
クリミナル
キャスト エミリー・ブラント、アシュトン・ホームズ、マーティン・ドノヴァン、ネッド・ベラミー
アメリカ(2007)原題 WIND CHILL


 ←ブログランキングボタン→ にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加してます、是非ボタンをポチっと押してください。


まぶスク鑑賞リスト&ランキング2008
まぶスク日本劇場未公開映画
| 鑑賞:ホラー系 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:16 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/559
トラックバック