PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< すべてお見通し「イーグル・アイ」を鑑賞 | main | T!FF「がんばればいいこともある」主演女優発見 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
異端審問「宮廷画家ゴヤは見た」を鑑賞
GOYA'S GHOSTS 評価 8
 監督は「カッコーの巣の上で」「アマデウス」「マン・オン・ザ・ムーン」などの監督で数々の映画賞受賞やノミネートを成し得てるミロス・フォアマン監督。そうとは知らずの鑑賞だったけど、とても好みな、とても見応えある映画でした。
 良かったのはまず主演俳優たち。「ノーカントリー」のハビエル・バルデム、ラース・フォントリアー作品や最近は「パイレーツ・オブ・カリビアン」にも出演していたステラン・スカルスガルド、そしてナタリー・ポートマン。この実力派3人の演技が観客を魅せます。そして物語。“スペイン国王の宮廷画家として使えるゴヤが書いた2人の登場人物。イネスという少女とロレンソという神父”この3者がキリスト教以外を排除するという強引な異端審問の中で人生を狂わせていく物語で、とてもダークで狂気な世界観がとても好きです。
 イスラエル出身でユダヤ人のナタリー・ポートマンがキリスト教徒を演じ、ユダヤ教を信仰している疑いで尋問されてしまう場面は少し不思議です。そして「ブーリン家の姉妹」も楽しみです。最近観たナタリー・ポートマン出演作は「フリー・ゾーン」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」にほんブログ村 映画ブログへ
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(25) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/607
トラックバック
宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA's GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見
| 我想一個人映画美的女人blog | 2008/10/25 1:38 AM |
★「宮廷画家ゴヤは見た」
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2008/10/25 3:24 AM |
「宮廷画家ゴヤは見た」
ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。 なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名...
| 或る日の出来事 | 2008/10/25 6:56 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるため
| 花ごよみ | 2008/10/25 7:59 AM |
『宮廷画家ゴヤは見た』
(原題:Goya's Ghosts) ----これって久しぶりのミロス・フォアマン監督作品だよね。 なかなか気に入ってるみたいじゃニャい? 「うん。実に見応えがあったね。 映画とはこうあってほしいというお手本のような作品。 なんといってもジャン=クロード・カリエールが 脚
| ラムの大通り | 2008/10/25 9:17 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
あっという間の2時間。見ごたえ十分。
| 迷宮映画館 | 2008/10/25 9:32 AM |
「宮廷画家ゴヤは見た」
&#160;「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが実際は違っていました。18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで王制といった権力構造や宗教が支配する価値観
| ハピネス道 | 2008/10/25 9:57 AM |
「宮廷画家ゴヤは見た」
 色彩は暗く(どうやら蝋燭による照明を再現したためらしい)、恐怖に見開かれた目や乾いた皮膚はゴヤのカンバスに描かれた場面そのもののよう。ひとつひとつの場面が絵になっていて、目元に落ちる影とか、瞳が動いて相手を見つめる瞬間とか、ふとしたことが劇的に見え
| 首都クロム | 2008/10/25 10:15 AM |
宮廷画家ゴヤは見た/ハビエル・バルデム
ゴヤの作品は特に好きというわけではないんだけど、そもそも好き嫌いを言えるほどよく知らないので興味津々で鑑賞ぅ。 出演はその他に、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル
| カノンな日々 | 2008/10/25 10:28 AM |
『宮廷画家ゴヤは見た』
18世紀末のスペイン、マドリード。スペイン最高の宮廷画家として名声を築いた画家、フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)のアトリエには2枚の肖像画が完成を待っている。1枚は、天使のように美しい富豪の商人の娘、イネス(ナタリー・ポートマン)。
| 千の天使がバスケットボールする | 2008/10/25 10:45 AM |
宮廷画家ゴヤは見た(映画館)
それは、立ち入り禁止の、愛。
| ひるめし。 | 2008/10/25 12:36 PM |
映画「宮廷画家ゴヤは見た」
原題:GOYA'S GHOSTS この邦題は思わず、"家政婦は見た"みたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない〜時代の変転と醜聞な物語〜 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が宮廷画家の時代
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/10/25 12:38 PM |
「宮廷画家ゴヤは見た」:三角バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}三叉路だからバス停も「三角」。シンプルですばらしいネーミングだ。 {/hiyo_en2/}なに、つまらないことに感心しているのよ。 {/kaeru_en4/}いやいや、ネーミングって大事だぞ。映画のタイトルだって、最近はどうも首をひねるようなタイトルが多くていけ
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2008/10/25 6:33 PM |
映画 『宮廷画家ゴヤは見た』
  ☆公式サイト☆アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背
| きららのきらきら生活 | 2008/10/26 2:04 PM |
『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/10/26 8:18 PM |
『宮廷画家ゴヤは見た』
金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ********************
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/10/26 9:57 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
18世紀末スペイン。 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命され...
| 心のままに映画の風景 | 2008/10/27 12:54 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/2006年アメリカ・スペイン合作 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム    ナタリー・ポートマン    ステラン・スカルスガルド     家政婦は見た![:たらーっ:]
| Lovely Cinema | 2008/10/27 8:24 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
☆宮廷画家ゴヤは見た☆(2006)ミロス・フォアマン監督ハビエル・バルデムナタリー・ポートマンステラン・スカルスガルドストーリー 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登り詰めながらも、常
| ぷち てんてん | 2008/10/27 10:17 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
↓『まわりの役者を食らうハビエル・バルデム』paint by 気ムラ屋あん。 宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、美少女イネス(ナタリー・ポートマ...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/10/27 10:58 PM |
「宮廷画家ゴヤは見た」
「宮廷画家ゴヤは見た」試写会 よみうりホールで鑑賞 久し振り、見応えのある作品と出合いました。 ドラマ的にも美術的にも引っ張り込まれて身動きできなくなりました。 邦題「宮廷画家ゴヤは見た」ってこれちょっとひどいと思いました。 まるで市原節子がのぞい
| てんびんthe LIFE | 2008/10/29 2:03 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  物言わぬ、歴史の語りべ  
| カリスマ映画論 | 2008/10/31 4:12 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/11/21 8:24 PM |
「宮廷画家ゴヤは見た」(GOYA'S GHOSTS)
米国の反体制活動を作品に象徴させた「カッコーの巣の上で」(1975年)や、反戦ミュージカル「ヘアー」(79年)、モーツアルトの半生を描いた「アマデウス」(84年)などの作品で知られる旧チェコスロバキア出身のオスカー受賞米映画監督、ミロス・フォアマン(
| シネマ・ワンダーランド | 2009/05/09 11:15 PM |
mini review 09382「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆
アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカ
| サーカスな日々 | 2009/08/29 5:37 AM |