PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 心痛甚だしい「告発のとき」 | main | 隠れた名作「レールズ&タイズ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
映画のハプニング大賞「ハプニング」
THE HAPPENING 評価 4
 2008年またまた異質なテーマで観客の気を引く映画を撮ったM・ナイト・シャマラン。これはハプニング大賞も顔負けの、まさに映画のハプニングでした。映画の事故です。
 物語は“ある日、ニューヨークで謎の騒動が発生。それは原因不明の現象で突如人々が集団暗示に掛ったように次々と意味不明な行動をとり、そして自らの命を絶ってしまう…集団自殺現象だった”という愉快でない、つまり不愉快な現象が起こり、謎が謎のまま人々は当てもなく逃げ惑うというストーリー。その不愉快な現象が映画の冒頭で早速始まり、謎を残したまま、映画の中では主人公(マーク・ウォールバーグ)たちとその他の人々は延々と逃げる、逃げる、ただ逃げる、映画でした。
 集団自殺現象は冒頭から不愉快ながらもとても恐怖心を煽る演出なのですが、その後も謎の現象に関する凄惨な出来事が続き、なんの解決の糸口も掴めず、なんだか気持悪い。それがこの映画の醍醐味で、M・ナイト・シャマランの作風なのかも知れないが、気持ち悪いし、この映画の楽しみ方が分からないという感想しか湧かなかった。矛盾も多く感じます。
 とは言ってもM・ナイト・シャマラン映画は「シックス・センス」から「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」「レディ・イン・ザ・ウォーター」と「翼のない天使」という初監督作品以外は全て観てます。インパクトがあって不思議なテーマの映画を作るのが得意なのは認めるけど、「ハプニング」はもっと脚本を細かく練ってからでも良かったのではないでしょうか。

 それとは別にシャマラン監督は自身の映画にエキストラなどちょこっとだけ出演する、というのがスタンスになっていますが、前作「レディ・イン・ザ・ウォーター」ではちょっと出過ぎちゃってラジー賞の最低助演男優賞にノミネートされたものの、今回もどこかにちょっぴり登場しているのかな、と注意深く観てましたが発見出来ませんでした。というのも今回は、電話口の“ジョーイ”という役で声だけの出演だったようです…。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon ハプニング (特別編) [DVD]
Amazon ハプニング [Blu-ray]
| 鑑賞:エンタメ系 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/664
トラックバック