PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 女性劣位「ある公爵夫人の生涯」 | main | 観ましたか?「アルケミスト 輝きの秘密」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
むしろ恋愛恐怖症…「恋愛依存症」
COME EARLY MORNING 評価 7
  キレイなポスターです。「恋愛依存症」というちょっと映画っぽいくないタイトルに惹かれたのは事実ですが、映画を観終えてみるとあまり適切でないと感じます。このタイトルを付けた人はどういう気持ちでこのタイトルを付けたのでしょうか、この日本語タイトルを付けた人はこの映画を最初から最後までちゃんと観たのでしょうか、そんな疑問が湧いてきます。映画の監督はこれが初監督?っぽい、俳優のジョーイ・ローレン・アダムスという人。お金は全然掛っていないとてもシンプルな映画だけど、個人的には非常に好きです。身近で、温かい、殺風景で、切なく、共感を覚える、なんとなく好きな映画。とくに主演のアシュレイ・ジャドです。いや、この映画はアシュレイ・ジャドに尽きます。あのアシュレイ・ジャドの微笑みを観れただけで、満足です。
 
 “アシュレイ演じる女性ルーシーは上手な恋愛は出来ないけど、お酒の勢いで一夜を過ごす男性はたくさんいる、そんな適当で、自分に優しくない生活を重ねていた。ある日キャルという男性と知り合う。ルーシーは彼に他の男性とは違う何かを感じ取るのだが、上手く恋愛関係を築けず、また別居中の父や、身の回りの人間関係に悩む。”というような映画です。決して恋愛依存症なんかじゃないんです。恋愛に対してはとても奥手で、誰もが感じる不安やもどかしさをルーシーは表わしています。ルーシーが恋する男キャルを演じているのは「チェンジリング」で性格の悪い刑事を演じていたジェフリー・ドノヴァンという俳優。
 
 2006年全米公開の映画ですが、日本では最近になってDVD化された日本劇場未公開作品です。日本の映画館で公開される新作映画以外にもアメリカで劇場公開された映画がストレートレンタルされたりするので、自宅でも新作映画を観ることができるのです。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon 恋愛依存症 DVD
| 鑑賞:劇場未公開映画 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/724
トラックバック