PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< タイの完全犯罪ホラー「セルラー・シンドローム」 | main | 今夜 日本アカデミー賞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ヨーロッパを制覇した「隠された記憶」
CACHE 評価 8
 2005年カンヌ国際映画祭では監督賞を、ヨーロッパ映画祭では作品賞と監督賞を受賞したドイツの名映画監督ミヒャエル・ハケネ監督のフランス/オーストリア/ドイツ/イタリア合作「隠された記憶」を、やっと、観賞。いずれは観なければ、と思っていた作品でしたが、ここにきて観賞しました。監督の作品は他に「ファニー・ゲームU.S.A.」を観ました。

 そして2009年度の米アカデミー賞にも監督の新作「白いリボン」が外国語映画部門にノミネートされています。またこの作品はカンヌ国際映画祭のパルム・ドール、ゴールデン・グローブの外国語映画賞、今回のヨーロッパ映画賞をすでに受賞しているそうです。ハケネ監督短いスパンで再びヨーロッパ映画賞を勝ち取る快挙です。

 ちなみに筆者が米アカデミー賞の次に気になる、好きな映画賞がヨーロッパ映画賞なのですが、近年の最優秀受賞作は2009「白いリボン」、2008「ゴモラ」、2007「4ヵ月3週と2日」、2006「善き人のためのソナタ」、2005「隠された記憶」となっております。

 さてさて、今回初観賞の2005年の各映画賞受賞のハケネ監督の「隠された記憶」ですが、舞台は、フランスでしょうかね、アメリカでも活躍するフランスのベテラン女優ジュリエット・ビノシュ(「PARIS パリ」)がフランス語で会話していたので。まずジュリエット・ビノシュの演技、コレが良いですね。そしてハケネ監督の計算された映像の間。なかなかカットしない、言ってしまえば無意味そうな1シーンがダラダラ続いたりするんですけど、それが無駄のようで無駄でないんですね。計算された間なんです。きっと。なのでせっかちな人だと、じれったいかも知れません。



 自分のテレビ番組を持っているちょっとした有名人ジョルジュは妻アンと思春期の息子ピエロと平穏で裕福な生活を送っていた。しかし彼ら家族の家へ差出人不明の謎のビデオテープが届く。それは彼らの家を正面からタラタラと撮り続けただけの不気味な物だった。

 というミステリアスで少しサスペンスな映画なのですが、ただ単にこの映画は言葉では語りきれないですね。映像が全てを語っています。淡々としたシーンが多いのに、なぜか強烈な思いが駆け巡る。なぜこの映画のポスターはこんなにもシンプルなんだろう。それは映画を観たら判明します。このポスター、印象深いです。あるシーンで「あ…」と思わず声が漏れました。映画を観ててふいに声が漏れたのは後にも先にもこの一回だけかも知れません。

 あとはヨーロッパならではですね。ハリウッド映画ではあり得ません。ニワトリが出てくるシーンがありますが、ニワトリに関してちょっと残酷なシーンがありますが、あれって本物ですよね?ハリウッド映画では厳しい制約があって、フィクションの撮影ではハエだろうと蚊だろうとゴキブリだろうと、絶対殺したり、傷めつけたり、しないことになってるんですよね。だから虫を踏みつけたりする場面も作りもの。鳥に餌として幼虫を食べさせるシーンも駄目なんだよ、と「ショーシャンクの空に」のメイキングで誰かが言っていました。しかしヨーロッパは、ハリウッドとはルールも違うんでしょうね。ニワトリが、ニワトリが…。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon 隠された記憶 [DVD]
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/927
トラックバック