PROFILE

@otomura2でつぶやき
フォローしてね


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WORLD WAR Z
WORLD WAR Z (JUGEMレビュー »)
マックス・ブルックス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (JUGEMレビュー »)
トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブルート,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
たとえ明日が来なくても [DVD]
たとえ明日が来なくても [DVD] (JUGEMレビュー »)

歌にダンスに感動と見どころ満載 超オススメ インド・ムービー
RECOMMEND

MOBILE
qrcode
<< 嵐の4月17日 アリス・イン・ワンダーランドの新キャラポスター発見 | main | シャー・ルク・カーンにハマった!「たとえ明日が来なくても」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
キム・ギドク監督の“鬼才”は本物 「弓」
THE BOW 評価 10
 素晴らしい。
 韓国の鬼才キム・ギドク監督の2005年制作の映画「弓」を観賞。“弓”という完結なタイトルと、この映画は音楽がよろしい、という情報を得て、かなり前からレンタル願望を抱いていた映画…「弓」。やはり音楽が印象的で素晴らしいけれど、全くそれどころではなく個人的にどすん、と胸に叩き込まれる90分と短い映画ながら、全てのシーンに感動を覚える、大変な映画でした。

 筆者はキム・ギドク監督の映画がこの「弓」が初。この他の映画も時間があったら是非に観てみたい監督作品ですね。

 韓国のどこかの沖合に浮かぶ一艘の中型船。そこで船上生活を送っている老人と少女。二人に血の繋がりはない。老人が少女が幼いころ、どこかから連れてきたのだが、老人は10年間少女を慈しみ、大切に育ててきた。少女は海の上での世界しか知らない。この二人は釣り客に船で釣りをさせて生計を立てているのだが、釣り客の一人の若い青年に少女が恋をしてしまったことを機に老人と少女の絆が揺らいでしまう。



 というお話。安い言葉ではメルヘンとも最初思ってしまうが、そうじゃない。この作品以外にも究極の愛、普遍の愛、美しいとは言えなくも人間らしい愛、とにかく愛に拘った作品が多いのでは、と思うギドク監督がこの作品で描く愛も、相当なもの。迷子の幼女を助けたのか、それとも一人ぼっちでいた幼女をさらってきたのか、それは分からない。しかしこの映画の冒頭で明かされる事実、老人は少女が17歳になったら結婚をするつもりだということ。なんという老人の身勝手、そんな衝撃からはじまる物語。しかし少女は船外のことは何も知らない。唯一の家族である老人を信頼し、愛している。しかし少女が青年と出会ったことで、映画が凄みを増していくんですね。


ギドク監督の「サマリア」で注目を集めたという、ハン・ヨルム この映画の船上の少女役

 少女役のハン・ヨルムが非常に可愛いですね。外見だけじゃなく、演技もスゴイ。しかもこの映画のなかなか凡人には思いつかないなーと、思う偉い演出が、少女と老人に全くセリフがないこと。映画の場面は全て船上。船の外と船の中のみ。そして船で暮らすのは老人と少女だから、あまり言葉はいらないんだけど、敢えて一言も喋らせないんですね。演技と表情と動作だけで二人の関係や、心情の変化を表現、だからこそ音楽も重要になってくるんですが、船にはお客さんもたくさんやってくるので、その他の登場人物にはセリフがあります。だけど老人と少女とは会話はしない。でも老人と少女も実は喋れない訳じゃない。とにかくスゴイ鬼才振りです。にほんブログ村 映画ブログへ

Amazon 弓 [DVD]
| 鑑賞:アカデミー・ドラマ系 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |
コメント
「弓」観ました!
キム・ギドクのすごさが伝わってくる映画ですねー。
神話的な感じが新鮮でした。
| InTheLapOfTheGods | 2011/05/19 6:43 PM |
 僕はキム・ギドクの監督の映画はこれが初めてで、他の作品も観ていませんが、これを観たときは感動しました。物語やキャラクターに感情移入して感動したというより、映画自体の持つ凄さに感動でした。
| 音村 | 2011/05/20 12:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eigakataru.jugem.jp/trackback/962
トラックバック
「弓 (2005年)」レビュー 63点:美少女と老人の愛の物語
海に浮かぶ漁船で暮らす少女と老人の愛の物語。 真実の愛とは何なのかがテーマ。 ↓YouTubeで予告編の動画を見ることができる。 YouTube - Hwal - The Bow (2005) ? (Trailer)
| 映画で学ぶこの世の仕組み | 2011/05/19 6:57 PM |